ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.725 認定バッチ

【会社・団体名】株式会社イチタン

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.725 認定バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0512263/64
1303-A03群馬県

装着者が帯びた使命と伝統技術継承の誇りを発信する認定ピンズ

童謡に「しばしも休まず槌打つ響き」の詩で有名な「村の鍛冶屋」という歌があって、その中で描写されているのは真っ赤に焼けた金属を叩いて細工する様子。時代は変わって技術が進歩した現代でも、この「鍛えて造る」鍛物の製造法は永遠不変です。唯一無二の伝統技術を継承し、造りこまれた高品質な自社ブランドを磨き続け、世界に誇れるオンリーワンの鍛造メーカーを目指すのは、確かな目を持つ人材の育成にも力を入れていらっしゃる株式会社イチタン様。製品の完成度を見極める「外観検査員」の皆さんが、プライドと共に装着するアイテムをご用命下さった群馬県のお客様です。

本社のある太田市以外に九州や中国にも拠点を置く同社の事業は、自動車・産業機器用精密鍛造および機械加工品の設計製造。検査員の実力に対する評価の証として製作されたのは「認定バッチ」というオリジナルの認定徽章です。エンブレムをかたどった当社のサンプルをベースに、3つのタイプが誕生したオーダーメイド作品は、筆記試験で優秀な成績を収めて実技への推薦を受け、合格した人が「責任と自信」を込めた会社の思いを理解し、さらには自負してもらうために授与されます。ピンズファクトリーへのご依頼を決定付けたのは、事前にお送りしたサンプルの出来栄えと手頃な価格とのことでした。

見るからに認定グッズらしいデザインは、中央に「認」の文字が入った誇らしげな仕様。メインカラーの赤は上級認定で緑が一般認定用、黒で仕上げた指導者用にはラインストーンがあしらわれています。完成品は社内でも大変好評で、「色の彩度・質感が良かった。細かい文字も忠実に作り込まれており、感謝しております」と、ご担当者様にも喜んでいただけました。晴れて認定を受けた方には、全社員が集まる全員集会で社長様より「認定バッチ」が手渡されます。目に見えない「思い」を形にしたピンズは、今後も認定への大きな道標となるでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記