ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.752  60周年記念バッチ

【会社・団体名】一般社団法人日本バルブ工業会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.752  60周年記念バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンバッジデータ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ 19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0813005
1307-A08東京都

身近な存在のありがたみをキャラクターと一緒に訴える記念ピンズ

人間の意識というのはとても現金な構造になっていて、どうやら大切なことほど気にしない仕組みのようです。この傾向は対象が身近なものほど強くなり、普段は目立たない存在ならばなおのこと。様々な産業の製造現場において流体制御の要となる役割を担っている「バルブ」も、その中の1つとして数えることが出来るでしょう。バルブ産業のさらなる発展を目指す、180社以上の製造販売業者で構成された団体、それが今回ご紹介するオリジナルアイテムをご用命下さった一般社団法人日本バルブ工業会様です。

当社が承ったオーダーメイド作品は、大切な節目を翌年に控えた同会で、記念品として配布される「60周年記念バッチ」。過去の周年記念では関係者用の記念誌を作られたそうですが、物を製作するのは初めてで、当社へご用命は豊富なバリエーションと手頃な価格が決め手だったようです。モチーフは記念すべき60周年を祝福するロゴマーク。デザインを起こされたのはプロのデザイナーさんで、組織名を指す「JVMA」と「60th」の文字が入った図案には、イメージキャラクターの「ばるちゃん」が寄り添います。

同会ではこのマークをピンズ以外のあらゆるところで活用する方針で、会員企業の方々のみならず、できるだけ多くの関係者に配布する予定とのこと。中心部に向かって淡くなるグラデーションも美しく仕上げられ、アニバーサリームード満点の仕様となったメモリアルピンズは、追加製作が提案されるほど評判も良いそうで、事務局では積極的な着用を呼びかけていらっしゃるそうです。私たちが日常で目にするバルブと言えば、「水栓」と呼ばれる水道の蛇口くらいのもの。見えないところで重要な役割を果たしてくれるバルブの隠れた功績には改めて感謝したいですね。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記