ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.833 コクトくん

【会社・団体名】鹿児島県奄美市

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.833 コクトくん

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0514047
1409-A02鹿児島県

職員自ら胸に付けて公式キャラクターのPRを図るためのピンズ


鹿児島市から南へ約380km、8つの有人島からなる奄美群島の中心、奄美大島。1年を通して温暖な亜熱帯気候の島には、まるでジャングルのようなマングローブやヒカゲヘゴの原生林、白い砂浜が続く大浜海岸、樹齢100年を超えるイタジイなどが茂る金作原原生林など、日本であることを忘れてしまうような風景が広がり、ちょっとした冒険家気分でアクティブに楽しめるトロピカルアイランドです。中でも奄美市は、島全体の約4割を占め中核都市としての機能をもつ名瀬地区(旧名瀬市)、緑豊かな住用地区(旧住用村)、広い農地と美しい海岸線をもつ笠利地区(旧笠利町)で構成されています。

この度、公式キャラクターの「コクトくん」のPRを目的に「コクトくん」ピンズのご依頼を頂きました。「コクトくん」の名前の由来は、奄美群島に生息する国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」と奄美市の特産「黒糖」からで、腹巻に書かれた「黒」の一文字がユニークなキャラクター。当初市の広報紙だけに登場していましたが、ゆるキャラブームにのってイベントチラシなどへの掲載も増え、現在では着ぐるみとしても活躍中です。世界自然遺産登録を目指す同市では、職員の方々が「コクトくん」のピンズを付けることで公式キャラクターのPRを図りたいとのことです。

顔や腹巻の文字など、細かい部分をプリント工法で忠実に再現し、右手を挙げて微笑んでいるかのように見える愛らしい「コクトくん」ピンズは大変好評で、早くも第2弾を求める声が上がるほどだとか。当社へのご用命は「HPにある実績等から信頼感を得たため」とのご理由でしたが、「当方の諸事情に非常に丁寧かつ迅速に対応いただき、感謝いたすものです」と丁重なお言葉を頂戴することができました。今後の「コクトくん」の活躍が世界自然遺産登録にも貢献してくれることを願っております。
(ピンズファクトリー談)

関連サイト:
鹿児島県奄美市 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記