ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.875 MANY SHEEP PINS

【会社・団体名】PINS UNIT Jubilee

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.875 MANY SHEEP PINS

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ金orブラックニッケル
サイズ32or35mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0214228
1503-A08東京都

想いを込めて描いた作品が色とりどりのグッズに姿を変えて大集合


複数のパーツで構成されたものを「ユニット」といいますが、これは「パーツ」を「人間」に置き換えても立派に通用する表現で、音楽や芸術などのアーティスティックな分野では頻繁に使われます。実は当社のお客様にも自ら「ピンズ製作ユニット」を名乗る二人組がいて、それが「PINS UNIT Jubilee(ピンズユニット・ジュビリー)」様。この度は実例紹介NO.652に続いて再びの登場となり、またもや繊細で可愛らしいオリジナルグッズをご用命下さいました。前回の反響を受けて新たに誕生したのは、2つの仕様が揃った「MANY SHEEP PINS」です。

まるでルパン三世と次元大介のように息もピッタリのコンビは、「絵と木工のトリノコ」の屋号で雑貨の企画・制作・販売を手がける五十子さんと、そのご友人でありパートナーでもあるデザイナーの永井さん。前作の「小さな鳥のおんなのこ&おとこのこ」のシリーズが好評だったからと、ご依頼のご理由をとても嬉しそうに述べて下さいました。完成品はホームページや展示会の他に都内マルシェとギャラリーでも1月から発売中とのこと。温かみのあるデザインを丁寧に仕上げた作品はメッキと色を変えた全8バージョン。アタッチメントはタイタックとキーリングが用意されました。

珠玉の第二弾となった高品質なオーダーメイドアイテムは、モチーフが干支と同じ未とあって「カワイイ!」と大評判。中には2つセットで着ける方もいたほどの人気ぶりだとか。今回は「トリノコのガリ版作品をなるべく忠実にピンズにしてみよう!」とのお考えから、原画の雰囲気を損なわないように細かくトレースをかけ、ブラックニッケルメッキタイプも作ることで独特の世界観が見事に再現されました。クリエイターと名の付く職業に求められる条件で、基本かつ必須となるのが豊かな感性と創造力。熱い想いとアイデアを小さな金属の上で踊らせて、お二人の創作活動は続きます。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記