ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.901 おおはライオンピンバッチ

【会社・団体名】熊谷市立大原中学校

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.901 おおはライオンピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1215024
1508-A05埼玉県

創立50周年に笑顔をくれるキャラクターピンバッチ


毎年、暑い夏が続いていますが、埼玉県熊谷市は、かつて観測史上最高気温を記録し、現在でも国内トップクラスの猛暑地として知られています。そんな地で夏の暑さにも負けずに「地域と共に「夢」「誇り」「志」を育む大原中」というキャッチフレーズを掲げ、学業のみならず部活動にも力を入れて、子供たちの教育に取り組まれている熊谷市立大原中学校様よりご用命をいただきました。

製作されたのは、同校が創立50周年を迎え、その式典で記念品として配布するための「おおはライオンピンバッチ」。ネーミング、絵柄ともにユニークなオーダーメイドアイテムです。過去の記念式典ではクリアファイル、記念誌、幟(のぼり)、横断幕などを用意されたことがあるそうですが、今回弊社へピンバッチ製作を依頼してくださった理由は、「ホームページで注文までの流れや商品紹介が解り易かったから」とのことでした。

デザインは50周年を記念して、大原中のキャラクターを生徒さんに募集した中から選ばれたもので、学校の合言葉である「笑顔・歌声・花いっぱいの大原中」をイメージしているとのこと。音符を頭に乗せ、ひまわりの花をモチーフに作られたかのような笑顔のライオンは、なんとも可愛らしく、見る人の心をほんわかと和ませてくれそうです。

完成品は職員や保護者の方にとても好評だそうで、当社担当についても「親切、素早い対応で助かっている」とご満足いただくことができました。また、今後は生徒さんにも配布して、制服に着用させる方向で検討されているそうなので、創立50周年という記念すべき節目に誕生したピンバッチが、同校にとって愛着のあるシンボルとなり、生徒の皆さんの笑顔や健やかな成長を見守ってくれることを願っております。
(ピンズファクトリー談)


▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記