ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.099 10周年記念ピンズ

【会社・団体名】秋ヶ瀬野鳥クラブ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.099 10周年記念ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0606-A22

秋ヶ瀬野鳥クラブは「秋ヶ瀬に渡来する野鳥を愛し、大切にする人達の懇親の場」として「野鳥たちの生息する自然環境を保全し、守ること」を目的として、1995年に設立された野鳥クラブです。現在、約80名の会員が野鳥観察やボランティアのごみ拾いなどを中心に活動し、秋ヶ瀬の大自然と野鳥たちを守っています。

今回は「秋ヶ瀬野鳥クラブ」が発足10周年を迎えるにあたり、記念のピンズを製作することになりました。実は、以前にも一度ピンズを製作して会員に配ったところ、とても好評だったため、10周年記念にもピンズをと考えました。

デザインには、秋ヶ瀬野鳥クラブにとって大変身近な鳥である「ヒレンジャク」とヒレンジャクに欠かせない「やどり木とその実」を使用しました。「ヒレンジャク」は、薄い灰褐色で、胸に淡い黄色味があり、尾羽の先は赤く、冠羽をもつ特徴的な渡り鳥。豊かな自然に恵まれた「さいたま市秋ケ瀬公園」でも早春に観察することができます。
その特徴である不思議な配色を表現しようと、つい色数が増えてしまいましたが、「合成七宝9色」10周年にふさわしいプレミアム感のあるピンバッチができたと思っています。一時製作が中断した際、会員から「まだか、まだか?」との声が上がるほど待ち望まれていたピンバッチが、美しく仕上がってほっとすると同時に、近く予定されている野鳥専門誌の取材の折には、ちょっと自慢しようかと考えています。

できあがったピンズは、メンバーが帽子や双眼鏡のストラップにつけています。小さくて美しいピンズは、野外を歩く事が多い野鳥クラブメンバーにとって格好のアイテムです。当初は会員専用にと考えていましたが、会員以外の方からも「ピンバッチが欲しい」との声が相次ぎ、急遽会員以外の方にもお分けすることになりました。今後は、「シジュウカラ」をデザインした会員ピンバッチと共に、当クラブのPRに大いに活躍してくれそうです。
(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記