ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.941 パッショーネピンバッジ

【会社・団体名】宮崎大学気球部

No.941 パッショーネピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1015214
1604-A05宮崎県

多くの人の繋がりをつくる「情熱」が込められた気球部ピンバッジ


毎年、佐賀インターナショナルバルーンフェスタという祭典が行われているほど、九州では「気球」が盛んですが、色とりどりのバルーンが一斉に上空に浮かぶ様子は絶景と言われるほど。そんな世界的な祭典にも参加し、休日には宮崎県の都城エリアで元気に空を飛ばれている総部員数15名の宮崎大学気球部様から、他の気球チームに自分たちのチームをより知ってもらう目的で、「パッショーネピンバッジ」の製作を承りました。これまでにも気球をデザインしたステッカーやクリアファイルを作ったことがあるそうですが、今回弊社へご依頼いただけた理由をうかがったところ「製作を依頼してから完成までの予定期間が他の会社より短かったから」とのこと。

ピンバッジ名の「パッショーネ(Passione)」はイタリア語で情熱の意味。部が所有している気球の名前でもあり、気球活動に情熱的に取り組むという部のモットーが込められています。デザインは部で以前に作製されたホームページのロゴを元にされたそうですが、チームを象徴するオリジナルグッズとあって、部員の皆さんから様々な意見があり、とくに色には気を遣われたそうです。完成品は、赤・青・黄色を基調としたカラフルな作品で、「質感やデザインも思っていた通りの仕上がり。様々な工法があり戸惑っていたが、実際に見て触れるサンプルを何種類も送ってくださったので失敗がなかった」とご満足いただくことができました。

出来上がったバッジは他チームから、色などの再現性や宮崎大学気球部らしさが表現されていると大好評。実際に部員の方々は、服、カバン、コルクボードになど様々な場所に付けて使われているそうです。気球は競技チーム同士の横の繋がりが強く、元々バッジなどを交換する文化があるそうですが、大会にお手伝いに来てくださる方や活動資金の寄付者へのお礼としても差し上げる予定とか。これからも気球好きの人たちが繋がるツールとして「パッショーネピンバッジ」が活躍することを願っています。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記