ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.957  協会章

【会社・団体名】一般社団法人町田サッカー協会

No.957  協会章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ金orニッケル
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1416009
1607-A07東京都

品質に対する強いこだわりが生んだピンズでメンバーの意識を統一


結果としての「不満」がステップアップの触媒になるとすれば、結果が出る前の時点で同じ作用を促すのが「期待」の2文字。少しばかり回りくどくて小難しい言い方になりましたが、この事実を体現させてくれるような仕事となったのが、一般社団法人町田サッカー協会様から寄せられたご依頼でした。当社が承った作品の名は「協会章」。ご用命の理由はホームページをご覧になった際、製作実例などがしっかりしていたことだそうです。

2011年に法人化という転機を迎えられた同協会は、町田市内のサッカー振興やスポーツ支援を目指し、グランドの確保なども行う1968年設立の団体です。協会章は組織内の意識を統一するためのもので、仕上げのメッキを金とニッケルに分けた完成品のデザインは鳥がモチーフ。全体の形状は「エンブレム」を連想させる格調高い仕様です。使い分けは金メッキタイプが役員用、ニッケルメッキタイプは一般用とのこと。どちらのピンズも合成七宝とプリント工法を併用することにより、「協会章」としての使用にも十分耐え得る出来栄えとなりました。

今回のアイテムを生むきっかけとなったのは、現状を良しとしないお客様の強いこだわり。それは目的に向けて活動を展開する皆さんの姿そのものでした。そんな想いを形にしたようなオリジナルピンズは評判も良く、役員をはじめとする方々に愛用されているとのお話を聞き、作り手側の当社としてもこんなに嬉しいことはありません。「大変感謝しております」というご担当者様のコメントからは、満足度の高さが伝わってくるようでした。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

スタッフブログ

JAMESの日記