ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.965 はぴニャンPINS

【会社・団体名】株式会社宝くじネット

No.965 はぴニャンPINS

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色ソフトエナメル+特色
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0516032-34
1609-A05東京都

定番の縁起物にポップなアレンジを加えてオリジナルピンズを製作


この世に幸運を呼ぶ縁起物は数々あれど、純粋に日本の伝統的なものという点で、昔から人々に根強く支持されているのが、「熊手」と「招き猫」のツートップ。どちらも「超」が付くほどのラッキーアイテムなので、グッズを作ればご利益もかなり期待できそうですが、東京都千代田区九段南の株式会社宝くじネット様が、自社サイトで使うオリジナルの景品として製作されたのは、招き猫をモチーフに取り上げたオーダーメイド作品でした。

同社がITを駆使して展開する事業は、宝くじ・ロト・ナンバーズの情報提供。サイト内では当選番号をはじめとして、最新情報や宝くじ川柳にゲームなど、様々な楽しいコンテンツが公開され、宝くじファンを含む多くの人を魅了しています。当社にご依頼下さったのはギフトショーやホームページを訪れ、ピンズが景品に適しているとのご判断に至ったからで、誕生したのはアレンジの効いた3種類の「はぴニャンPINS」です。

デザインに選ばれた「はぴニャン」は宝くじネット様が招き猫をモチーフに取り上げ制定されたイメージキャラクター。この「はぴニャン」に「てんとう虫と四葉のクローバー」、パーティーグッズとしてもおなじみの「クラッカー」、そして猫には付き物ともいえる「小判」を組み合わせ、完成品はそれぞれに個性あふれる出来栄えとなりました。いずれも高品質な景品に仕上げられたピンズは月ごとに違うものが用意され、9月は金運アップに期待が膨らむ小判タイプを郵送でお客様にお届けしたそうです。

人によって様々な好みや意見があるため、出来上がりまでのプロセスでは社内取りまとめが一苦労だったそうですが、「スピーディーかつ丁寧に対応していただき助かりました」と、作業進行にもご担当の方からお褒めのお言葉をいただき、当社としてもご期待にお応えすることが出来て嬉しい限りです。受け取った方からは「運気アップにつながりそう」とのお声も聞かれるそうで、この幸運の景品は大人気を獲得。今後もシリーズ物として様々なデザインのPINSを発行されるご予定です。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記