ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.110 MCPCモバイルシステム技術検定2級合格者証

【会社・団体名】株式会社ユビキタス・エクスチェンジ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.110 MCPCモバイルシステム技術検定2級合格者証

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキニッケル
サイズ13mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0607-A03

ユビキタス・エクスチェンジは「来るべきユビキタス社会の問題・課題を解決し、ユビキタス・コンピューティングの進化に貢献する」という目的を持って企業活動をおこなっております。ユビキタスとは英語で「いたるところに(神のように)偏在する」という意味で、その語源はラテン語の「ubique=あらゆるところで」からきています。

ユビキタス・コンピューティングとは、生活環境の中にコンピュータチップとネットワークが組み込まれ、ユーザーがコンピュータの存在を意識することなく利用できる環境を指します。

ユビキタス社会の発展に不可欠なのが、誰もが場所を選ばず気軽に使用できるモバイルシステムの進化。そして、ワイヤレス通信やモバイル端末等の技術を深く理解し、最適なモバイルシステムの提案・構築ができる技術者の存在なくしては進化も発展もあり得ません。この分野をリードできる技術者の育成のために発足したのがモバイルシステム技術検定です。私たちはモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)の正会員として、「MCPCモバイルシステム技術検定試験」を応援し、この検定試験用の技術者向け教材を取りまとめています。今回製作したピンバッヂは、この検定試験合格者に合格者証として配布するもので、合格者のプライドを喚起するとともに、この検定を広く社会に認知してもらうことを目的としています。

デザインには様々な意味を込めました。輪が重なっている部分は、「ワイヤレスで繋がっている」「コミュニケーション」「ユビキタス社会の象徴としてITの世界でモバイルによってコンピュータがいつでも使える」ということを表しており、動き・未来・先進・スピード・発展などをイメージしています。下部の曲線は検定者を支える「谷」を表現しており、イメージは、指示・安定・確実・まとまり・向上・開放。色は、シンボルカラーである青を使い、爽やかさ・明るさ・健康・知的をイメージしています。

仕上がりに関しては、「清潔感がある」と検定合格者にも大変好評で、今後、上級クラス合格者用のピンバッヂもお願いする予定です。このピンバッヂを胸にした技術者の方々には、来るべきユビキタス社会をリードする人材となって頂ければ嬉しいです。

(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記