ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1017 社内認定胸章

【会社・団体名】アズビル株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1017 社内認定胸章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質純銀
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキロジウム
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1516003-005、1516028
1704-A07東京都

たゆまぬ努力の結果を銀色のまばゆい光で称える4つの認定ピンズ


東京都千代田区のアズビル株式会社様がピンズファクトリーへのご用命をお決めになったご理由は、当社がオーダーメイドピンズの製作に対する素人の意見を聞き入れてくれそうなメーカーだったことや、豊富な経験に基づく的確なアドバイスやサポートが受けられることを初回の相談時に実感されたから。並々ならぬ想いが込められた「社内認定胸章」は、素材に高品質な純銀を用いたオリジナルアイテムで、認定資格に合わせた4タイプの作品が誕生しました。

昨年、創業110周年を迎えた同社の事業理念は「計測と制御」の技術をもとに、「人を中心としたオートメーション」を追求し、人々の安心・快適・達成感の実現と地球環境に貢献すること。完成品はこの理念に基づいた事業を進める上で必要な知識や技術を持つ人材として認められた方に贈られます。認定名を表すアルファベットは、「安全マイスター」の「M」、「技術プロフェッショナル」の「P」、「グローバル研修認定講師」の「C」。これに研修施設のアズビル・アカデミーが認定する「アカデミー功労者」の「A」が追加されました。

デザインを考案されたのはご担当者様を中心とする方々で、メンバーにはアカデミーの学長様も含まれているとのこと。胸章の仕様については円形や楕円などが候補に挙がり、あしらう文字も様々なものが検討されたそうですが、性別や職種の違いもあって中々まとまらなかったとか。しかし、そんな苦労を乗り越えて誕生した「名誉のしるし」には、下部に入った社章のロゴと純銀カラーのマッチングや裏面のシリアルナンバーなども含め、一目で分かる高級感に皆さん満足されているそうです。

現時点で厳しい社内認定試験を突破した方は女性1人を含む48名。各内訳は「P」が7名に「M」26名、「C」が13名に「A」2名だそうです。合格者の皆さんは認定式で胸章を授与されると、その場で誇らしげに装着していらしたそうで、周囲から寄せられる称賛も期待以上とのこと。ご担当者様からも「初めての発注でしたが、完成品の素晴らしさに満足しました」と、ありがたい評価をいただくことができた胸章は、後進育成のためのモチベーションアップと新たな意識付け、装着によるお客様へのアピールを促すという役目をしっかり果たしてくれそうです。
(ピンズファクトリー談)

関連サイト:
アズビル株式会社 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記