ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1040 ウェディングアワードピンバッチ

【会社・団体名】ワタベウェディング株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1040 ウェディングアワードピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色無色
メッキ金orニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1416213
1707-A01京都府

仕上げの異なる2つのピンバッチは周囲に好印象を与える名誉の証


企業や会社ではスタッフのスキルや実績を評価するために、様々な仕組みや独自の表彰制度などが設けられていますが、迅速な対応が分かりやすかったというありがたいご理由で、当社にご用命を下さったワタベウェディング株式会社様の場合、年に1度の「社内研修コンテスト」がそれに相当します。ピンズファクトリーが承った「ウェディングアワードピンバッチ」は、コンテストの受賞者に授与される「実力の証」として製作されました。

京都府と東京都に拠点を構える同社が展開するのは婚礼提案事業。仕上げに色違いのメッキを使用することで、差別化された2つのオーダーメイド作品は、紋章をイメージした重厚な仕様が目を引きます。デザインはコンテストのプロジェクトメンバーを務める3名の方々によるもので、コンテストのプログラムをはじめとして予告や当日の動画などにも使われているとのこと。絢爛豪華なエンブレム型のピンバッチは婚礼業界らしいアイテムになりました。

2種類の使い分けは1位の金に対し、2位に贈られるのが銀のタイプ。格調高いモチーフを得たオリジナルのステイタスバッチは、どちらも発色が非常にきれいで制服に装着すると大変よく似合い、優れた品質との相乗効果もあってお客様の印象も良いとのこと。また、受賞の栄冠に輝いてピンバッチを受け取った方々からは、デスクの個人紹介に映えるという現場の声もあるそうで、コミュニケーションツールとしても活躍しているようです。

ブライダルを扱う同社のスタッフは7割が女性。ご担当者はピンバッチを今後も継続的に使うものとして捉え、流行り廃りのないものというお考えから企画されたそうで、完成品へのご感想は「とても良かったです」とご満足げ。「最初から最後まで全てが迅速かつ丁寧で、安心して注文することが出来ました」と、当社の対応も高く評価されました。皆さんの制服に光るピンバッチは最高のサービスを提供する者だけの「勲章」となりました。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記