ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.122 SANO-BEARSバッジ

【会社・団体名】佐野ベアーズ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.122 SANO-BEARSバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0608-A05

ピンズファクトリーではお客様のご要望にお応えしてさまざまなテイストのピンバッジを製作してまいりましたが、今回はとても可愛らしく仕上がったバッジをご紹介します。
横須賀の少年サッカーチーム、佐野ベアーズ様からチーム誕生30周年記念としてご依頼いただいた、「SANO-BEARS バッジ」です。

青いユニフォームを着た可愛らしい「くまさん」のキャラクターのバッジ。このキャラクターは30年前のチーム設立以来ずっと使用されているロゴで、「サッカーを通して地域の子供たちの健全な育成に貢献したい」という想いが込められており、これまでにもユニフォームや T シャツに使用されているそうです。

今回バッジにするにあたり、デザインに工夫をされました。くまさんが持っているサッカーボールは、2006年ドイツ W 杯の使用球をイメージ。足元のフィールド部分のグリーンとマッチするように背景には優しい空色を配し、30周年記念の文字を入れました。この背景に関してはピンズファクトリー担当者からご提案させていただき、全体的にやさしい色合いのPOPなイメージに仕上がりました。

30年の歴史を持つ佐野ベアーズ様は、現在では親・子・孫の三世代でサッカーを楽しめる団体に成長されています。現役メンバーの親御さんが、コーチ、役員、サポーターとしてチームに関わるだけでなく、OBや37歳以上のシニアが参加できるチームもあります。「サッカーを生涯スポーツとしてみんなで楽しみたい」、そんな想いから生まれたそうです。みなさんの夢は、横須賀スタジアムをホームグランドとした地元プロサッカーチームを誕生させ、地元選手を中心として J1 に昇格すること。「いつでも、どこでもサッカーをしよう!」を合言葉に一歩ずつ夢に向っていらっしゃいます。

ずっとチームを見守り、世代を越えて親しまれてきた「くまさん」のキャラクターは、今回バッジという新たな形を得て、これからもますますみなさんに愛されていくことでしょう。身に付けることでチーム内の団結力を深めるだけでなく、対戦チームへも親睦を深めるためにプレゼントされるご予定とのこと。バッジを通してサッカーを愛する方たちの輪が広がっていけば、ピンズファクトリーにとりましても大変嬉しいことです!

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
佐野ベアーズ >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記