ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1057 時習館高校ラグビー部創立50周年記念バッチ

【会社・団体名】愛知県立時習館高校ラグビー部OB会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1057 時習館高校ラグビー部創立50周年記念バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.1417014
1709-A02愛知県

汗と涙と友情の青春時代を永遠の形に刻んだアニバーサリーグッズ


式典やイベントなどで使用するためのアイテムというのは、そのほとんどが行事の開催当日に会場で配布されますが、愛知県立時習館高校ラグビー部OB会様が製作されたのは、それ以前から配り始めるオーダーメイドグッズでした。ネット検索で見つけていただいた当社が承った作品は「時習館高校ラグビー部創立50周年記念バッチ」。お披露目の舞台となるイベントが本番を迎えるのは、ご依頼から約2年後となる2019年の3月です。

愛知県豊橋市富本町の県立時習館高等学校に、ラグビー部が誕生したのは1969年のこと。以来、皆さんの汗と一緒に50年の月日が流れ、記念パーティーを開催する運びとなりました。今回ご用命いただいたオリジナルバッチは、その際に参加者全員で着用することを想定した記念品。過去にはTシャツを配られたこともあるそうですが、50周年のアニバーサリーグッズにピンズを選択されたのは、「ずっと残る物が良い」とのご理由からだそうです。

ラグビーボールと「半纏木(はんてんぼく)」の花を組み合わせた仕様は、OBの方が勤務する会社のデザイン好きなスタッフさんが手掛けたもので、このシンボリックな図案を何と無料で創り起こして下さったのだとか。半纏木はチューリップに似た黄色い花を咲かせるモクレン科の落葉樹で、部員の方々が行き来した校舎とグランドの間にも半纏木の並木があるため、記念品に相応しいモチーフとして特徴的な花が取り上げられたそうです。

時習館高校ラグビー部を指す「JRFC」のアルファベットと、「2019 50th Anniversary」の文字入りリボンを2色仕上げの花に乗せ、線と文字をブラックニッケルメッキで表現した完成品は、手渡しが可能な人には記念パーティー前に進呈し、遠距離の方はパーティー当日に贈る予定とのこと。その優れた品質は準備委員会内でも好評だそうで、ジャケットの襟にバッチを着けた皆さんの雄姿が目に浮かぶようです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記