ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.1081 クロスフラッグバッジ

【会社・団体名】チェコ共和国大使館

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.1081 クロスフラッグバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0817100
1712-A07東京都

2つの国旗が交わる職員バッジは人に贈っても喜ばれる万能グッズ


「国旗」をデザインに取り上げたオリジナルアイテムには、国際交流や親睦を深めるツールというイメージがありますが、チェコ共和国大使館様が製作された「クロスフラッグバッジ」は、同国と日本の旗が交差する「かしこまった」仕様でありながら、使い方に縛りをあまり設けていないフレキシブルなピンバッジ。完成品は職員の皆さんがチェコ関連のイベントや会議で着用する他、訪問先の方々に贈るプレゼントとしても活用されるそうです。

現在、大使の任務に就いていらっしゃるのは、プラハ出身のトマーシュ・ドゥプ閣下。数ある業者の中からピンズファクトリーをお選び下さったのは、対応が丁寧で見積もりが分かりやすいとのご理由からで、閣下ご自身はバッジのモチーフに「漢字」をご希望されたとか。このリクエストは残念ながら実現に至らなかったものの、スタンププレス工法を駆使した22mmサイズのバッジは、大使館スタッフの方々や周囲からの評判も良いとのことです。

2016年9月現在で日本に大使館を置いている国は154。「チェコ共和国大使館」のある東京都渋谷区広尾にも様々な国の大使館が集まっています。特徴的な三色旗と日本の日の丸をソフトエナメル+金メッキで仕上げ、確かな品質も加わったオーダーメイドバッジはご担当者様の評価も高く、「ご丁寧に対応いただきまして、ありがとうございました」と、当社と交わしたやり取りや仕事の進め方にもご満足いただけたご様子でした。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記