ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.137 コンペ用クリップマーカー

【会社・団体名】飛騨農業協同組合金山支店

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.137 コンペ用クリップマーカー

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ25mm(マーカー)  40mm(クリップ)

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0609-A10

クリップマーカーというアイテム、何に使うものかと言えば返ってくる答えは8割方がゴルフ。それほど定番化しているグッズです。ピンズファクトリーでも多くのクリップマーカーが製作され、安定した人気の商品と言えるでしょう。

そのクリップマーカーを当社にご用命いただいたのが飛騨農業協同組合金山支店様。毎年9月〜10月に開催される組合員を対象としたゴルフコンペで、参加賞として配布されるためのご依頼でした。このコンペは6回目を迎え、参加者も今回は162名(内女性は7名)という大勢様。当社にクリップマーカーをお任せいただく以前は、参加賞として全農の商品券を使用されていたそうです。

大会の盛り上げに一役買った「コンペ用クリップマーカー」は、当社オリジナルの既成型を利用したタイプ。デザインは、クリップ部分が白地にトーンの違う3種類の青を使ったチェック柄で統一、マーカーはトランプのスペードを大胆に使い、白地に青、濃淡の違う黄色、赤地に黒、白地にオレンジという4種類で、選ぶ楽しさも加わりました。人気が高かったのは、配色に重みのある赤地に黒のスペードという組み合わせでしたが、実際にグリーン上ではトーンの違う黄色のマーカーが映えるのではというご意見もあったとか。

参加者の中には、このクリップマーカーを「グラウンドゴルフのマーカーに使用する」という人もいたそうです。グラウンドゴルフというのは昭和57年に誕生したスポーツで、専用のクラブでボールを打ち、ホールポストと呼ばれるものにホールインするまでの打数を競います。ルールも簡単、誰でも手軽に楽しめるゲートボールのゴルフ版のようなものということで、ここでもクリップマーカーが活躍してくれそうです。

完成品に対してはマグネットの強度も良好、当社スタッフの対応も スピーディーで信頼できると 嬉しいお話が聞けました。コンペでは、色とりどりのスペードがグリーン上を華やかに飾っていたことでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記