ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.147 『BERETTA』ピンズ

【会社・団体名】ジャパンガントレーディング株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.147 『BERETTA』ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0610-A04

コアなファンというのは、別の呼び方をすればマニア。そのコレクターぶりには驚くべきものがありますね。今回ご紹介するピンズは、ガンつまり拳銃愛好家の必須アイテムです。拳銃と言えばヒーローが持つ武器の代表格。ルパン三世ならばお馴染みワルサーP38、相棒の早撃ち0.3秒、次元大介の手にはコンバットマグナムが鈍く光っていました。

さて写真のピンズ、よくよく見れば、そこには何と「BERETTA」の文字が。少々マニアックな話ですが、ベレッタというのはご存知イギリス諜報部員の「007」ことジェームズ・ボンドが愛用していた拳銃。 イタリアの北西部、ブレシアという街の郊外、ガルドネに本社工場をもち、 シューターやハンターのみならず、モデルガンマニアヤスポーツ関係者等にも聞き慣れた スポーツガンのトップメーカーです 。

この「『BERETTA』ピンズ」という作品のご依頼主は、そのベレッタ社と代理店契約を結んでいる、ジャパンガントレーディング株式会社様。競技・狩猟用銃や用品などの輸入販売事業を展開されている企業様です。
今回のご依頼は、以前インセンティブショーでピンズファクトリーのブースに立寄られ、当社の製作した色々なピンズをご覧いただいたのがきっかけでした。販売店様向けセールスプロモーションのツールとして製作されたピンズは、ギフトショーに出展された際、ブースにいらしたお客様に名刺と交換で手渡されたということです。サイズが小さくてお客さまの荷物にならず、コレクターにとっても価値があるというピンズの特性が、ご製作の決めてとなりました。

デザインはシンプルな円形ベースの中心にベレッタ社のマーク、周りにはベレッタ社500年の歴史を表す「500 YEARS」と、変わることなき1つの情熱という意味の「ONE PASSION」、下部には栄光の社名「BERETTA」が刻まれて、その静かな面立ちの仕様に大きな歴史と伝統が込められた仕上げになっています。
ベレッタ社というブランドを象徴する「『BERETTA』ピンズ」、ガンマニアの方にはもちろん、ピンズコレクターにとっても間違いなくプレミアムものとなるでしょう。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記