ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.150 Kimitsu Chuo Hospital NICU

【会社・団体名】君津中央病院

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.150 Kimitsu Chuo Hospital NICU

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ金orニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0610-A10

「NICU」という言葉をご存知でしょうか?最近、メディアでも取り上げられている「新生児の集中治療室(ICU)のことで、「Neonatal Intensive Care Unit」の略。生まれた時の体重が2500g未満の低出生体重児(いわゆる未熟児)と、出生時仮死・呼吸障害・先天性の病気・染色体の病気などで治療を必要とする赤ちゃんのために最先端の医療機器を完備した病棟です。赤ちゃんの治療だけでなく、退院後の生活を踏まえた育児指導を行うなどご家族へのサポートも行います。

千葉県の新生児医療を支える君津中央病院のNICUで活躍されていらした小林裕之先生はこの度、病院を退職されるにあたり、後継の医師やスタッフの方々に「何か記念になるものを残したい」というご希望から退職記念ピンバッジを製作されました。
デザインは赤ちゃんの上半身横顔の周りに「Kimitsu Chuo Hospital NICU」の文字をあしらったシンプルなもの。金メッキにブルー系と、ニッケルメッキにピンク系の2種類を製作され、ブルー系は主に医師に、ピンク系は看護師などの女性スタッフの方々に配られました。仕上がりについては「Simple is the Best!」ということで小林先生ご自身にも満足して頂けました。また、小林先生よりこのバッジを手渡されたNICUのみなさまも大変喜んでくださったというお話を伺い、私どもも嬉しい限りです。

少子化問題が取り沙汰されるなか、この世に誕生する赤ちゃんはご家族にとってだけでなく社会にとっても大切な存在です。新生児医療はまだまだ新しい医療領域とのことですが、今後ますます重要性が増していく分野であることは間違いないでしょう。小林先生が新生児医療にかけてこられた想いや今後の発展への願いを込めたバッジを胸に、君津中央病院NICUの医師、看護師、その他のスタッフのみなさまはこれからも最前線で赤ちゃんの命を守り続けていかれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
君津中央病院 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記