ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.164 50周年記念歴代会長バッジ

【会社・団体名】日本木材青壮年団体連合会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.164 50周年記念歴代会長バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色本七宝
メッキ
サイズ14.5mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0610-A16東京都

コレクションや記念品、そして心のこもったプレゼントなど、様々なシーンで活躍するピンバッジですが、今回の作品「50周年記念歴代会長バッジ」は創立50周年の記念事業の一環として、これまでの各年度に感謝の気持ちを込めて、年度を代表する歴代の会長に贈呈する目的で、日本木材青壮年団体連合会様からのご依頼を受けて製作されました。

同会は全国51会員会団が参加する木材業者の青壮年組織様で、木材の普及啓蒙や利用拡大に向けた様々な活動を展開されています。ピンズファクトリーでは、以前から連合会様の会員バッジや会長バッジの製作を承っており、今回も当社の仕事に信頼を寄せていただいてのご用命。但し、これまでの会の連帯を表すバッジと異なり、バッジを用いて感謝の意を表するという新たなご依頼となりました。

その仕様は、円形のベースに会のイメージカラーであるグリーンを使って、3本の木と木材の「M」、青壮年の「S」、そして連合会の「R」の文字が入った鮮やかなもの。この非常にわかりやすいデザインは会のマークとして公募で決まったそうですが、完成度が高く洗練されているため、30数年前のものとは到底思えないクオリティーを持っています。

製作にあたっては関係者の方々が相談された結果、50周年という節目であること、グリーンの色が美しく引き立つようにと、純銀の土台に見た目も豪華な金メッキベース、歴代の会長様に今後も光り輝いていただきたいという願いを表すかのような仕上げになりました。完成品への感想も「とてもよくできています」、「今後、様々なアイデアでバッジを活用したい」などのご意見を賜り、また当社の対応については「納期が迫っている中での打合せとなり、ご苦労をおかけしました」とスタッフの大きな喜びと励みになるお言葉もいただけました。

日本木材青壮年団体連合会様での会長の任は基本的に1年交代で、今までに会長を務められた方は全部で46人いらっしゃいます。ご健在の方は30人ほどということですが、10月13日に催され、官庁関係者や顧問の国会議員、会員等約300人が出席したパーティーで、感謝と尊敬の念を込めてこのバッジが贈呈されたということです。

日本木材青壮年団体連合会様のますますのご発展と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げております。


(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記