ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.213 ブランドバッジ

【会社・団体名】クラリオン株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.213 ブランドバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ21mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0703-A09

車窓を流れる風景、楽しく弾む会話、そして感性をくすぐる心地良い音楽を聴きながらのドライブの楽しさは、誰にでも経験があることでしょう。クルマのような移動空間でラジオや音楽を聴くことは今や日常となっていますが、ここにクルマの進化とともに歩み続けた会社があります。1940年に創業以来、日本初のカーラジオ、日本初のカーステレオの発売という輝かしい歴史を持つクラリオン株式会社様。車載機器専業メーカーとして現在もなお、音のクオリティを追及し続け、ユニークな製品を世に送りだし、国内だけでなく海外にも広くその名を知られた企業様です。

2006年4月、これまで培ってきた技術力や開発力、ノウハウやアイデアといった知的財産と企業理念を融合させ、クルマなどの移動空間で音楽と情報のインターフェースを目指すことを謳ったブランドスローガン「Clarion HMI (Human Mobile Music Media Interface)」を掲げられました。さらに企業価値の向上、ならびにグローバルなブランドイメージの強化をめざして、全世界の商品ブランドを企業名と同じ「clarion」に統一、それにともないブランドバッジを製作する運びとなりました。

「clarion(クラリオン)」とは14世紀の頃に現れた、高音域の音を出す長いラッパの巻管楽器を指しているとか。社名の由来もここからきており、「クラリオンは音楽に関係性の深い企業」というイメージをもたれています。今回のブランドバッジのデザインにはこのclarionのロゴと、コーポレートカラーであるクラリオンアズーロという鮮やかな青が効果的に使用され、シンプルかつ爽やかな仕上がりとなりました。

製作にあたり、ピンズファクトリーを選んでいただいたのは、「技術力、信用度等を総合して判断したから」とのこと。ご担当者様には「イメージ通りに出来上がり、大変満足しています」との評価をいただきました。新ブランドに関わる方のみが付ける、このブランドバッジは、新ブランド「clarion」とともに全世界を駆け巡り、創業70周年を前に「21世紀のグローバル・オンリーワン・ブランド」を目指されているクラリオン株式会社様の新たな歩みをを見守り続けることでしょう。


(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記