ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.228 100周年記念バッチ

【会社・団体名】有限会社玄

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.228 100周年記念バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0705-A02

有限会社玄様は、明治40年、茅ヶ崎市柳島に初代井出定次郎氏が「井出理髪店」の看板を掲げてから1世紀、理美容業界の老舗として多くのお客様とかかわり、また優秀な人材を輩出してきました。現在は3代目社長井出隆夫氏が「フレッシュ・モア・ライオングループ」として、「来店されるお客さまをどこよりもきれいにカッコよくフレッシュに!」をモットーに、神奈川県平塚市を中心に11店舗を展開。人材育成にも力を入れて、スタッフの幸せ、安定、独立をバックアップされています。このたび、創業100周年を迎えるにあたり、業界関係者やこれまでお世話になった方々おそよ200人を招かれて、サン・ライフ・ガーデン(平塚店)において100周年パーティーを開催されました。

その記念式典前日のリハーサルで社員の方に記念品として手渡されたのが、擬似七宝七色の豪華な仕様で作られた「100周年記念バッチ」。バッチのモチーフは、グループのイメージキャラクターであり、ショップで使うカットクロスにも描かれているライオンです。カラフルなたてがみをもつライオンとそれを取り囲むように配置された金と黒の文字、頭上には王者の証の王冠が載っているというデザインは、見る人に老舗らしい風格と歴史を感じさせます。

ピンズファクトリーを選んでいただいたのは「インターネットで見て、好感が持てたから」。「細かいところまでバッチリで、思ったとおりの出来上がりでした」と担当者の方からお褒めのお言葉をいただいた「100周年記念バッチ」。スタッフの方にも大変好評で、社員はもちろん、理容・美容スタッフ全員が身に付けて、中にはいろいろな人に自慢するスタッフもいらっしゃると伺っています。

「100年を迎えた今、もう一度白い初心に返って、皆様に愛される人づくり店作りを目標に努力していきます」とおっしゃるフレッシュ・モア・ライオングループ様。この小さなピンバッチが、スタッフのみなさんの心をひとつにし、グループのイメージアップやご発展に少しでもお役に立てればと願っております。
(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
有限会社玄 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記