ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.257 虹の郷 カナダ国旗(ムース)ピンバッチ

【会社・団体名】財団法人伊豆市振興公社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.257 虹の郷 カナダ国旗(ムース)ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法エッチング
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0708-A10

どこからともなく聞こえてくる、とっても明るく弾んだ声。ここは伊豆の修善寺にある「虹の郷(にじのさと)」という自然公園です。四季を通じてそれぞれの自然を味わえる園内は、洋風・和風の2つのエリアで構成され、「洋風ゾーン」では日本で唯一という15インチゲージサイズの本格的な英国製鉄道が走り「和風ゾーン」では紙すきや陶印・陶芸なども体験できます。

この、子供から大人まで楽しめる施設を管理・運営されているのが、今回「虹の郷 カナダ国旗(ムース)ピンバッチ」の製作依頼を下さった財団法人伊豆市振興公社様。当社では以前にも数回お仕事をさせていただき、「ピンバッチは幅広い層に喜ばれる」「納期やデザイン等も安心してお願いできる」と実績を評価されてのご発注でした。完成品は夏休みの時期に開催された「日替わりスポーツチャレンジ大会」のゲーム参加賞として使用するオリジナルノベルティ、カナダの国旗をバックに赤い服を着たムースというヘラ鹿があしらわれた作品です。

「元々、お土産品として使われていたムースのぬいぐるみから、どうやってわかりやすく、かわいいイラストに仕上げようかと悩んでいましたが、希望のデザインにしていただけたので大変感謝しています」と、担当者の対応にもご満足いただくことができました。素材を活かした色鮮やかなデザインに、オーダーメイド独特の品質がバランス良く1つにまとまり、お客様だけでなくスタッフの方からも大変好評だったということです。

バッチが活躍する舞台となった「日替わりスポーツチャレンジ大会」では、2007年7月28日・29日と8月1日〜3日の計5日間に渡ってストラックアウト、キックターゲット、ナインフープス(バスケットボール)のゲームが日替わりで行われました。参加者は小学校5、6年に始まり中学生〜60歳くらいまでと幅広く、夏の日差しが降り注ぐ大自然の中での体を使った大会は大いに盛り上がり、ピンバッチを手にした皆さんの笑顔とともに無事その幕を閉じました。

今回の製作では洋風ゾーンの「カナダ村」がテーマでしたが、伊豆市振興公社様では次回作として、違うエリアのバージョンやSLなどの乗り物でのピンバッチ製作を検討されています。バッチにはイベント参加の記念品としてだけでなく、コレクションが生み出すプレミアム性や、「虹の郷」のブランドイメージを定着させるツールの役目も備わり、その効果には大きな期待が寄せられています。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記