ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.277 レイチェルPINS

【会社・団体名】株式会社青森テレビ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.277 レイチェルPINS

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法プリント
着色プロセス
メッキ
サイズ38mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0712-A11青森県

ロス在住で好物はメロンと山盛りポテト、話す言葉は流暢な英語と本場青森の津軽弁。テンションはあくまでも高く、メガネの奥につぶらな瞳を輝かせ、かわいい声で口癖の「○○だびょん!」を連発するスーパー英語講師。その名は人呼んでレイチェル安藤!・・・。というわけで、今回は青森市松森の株式会社青森テレビ様から、このレイチェル安藤さんをモデルにしたキャラクターグッズを承りました。

昭和44年の開局以来「県民とともにあゆむ、愛されるテレビ」がテーマの青森テレビ(ATV)様は、魅力溢れる番組作りと地元に密着した情報提供を展開される放送局。数ある人気番組の中で2006年8月3日から放送している「いいでば!英語塾」のDVDが発売されることになり、その予約特典ノベルティとして使用する「レイチェルPINS」を製作されました。

作品は、ピンズとしては大きめの38mmの仕様に、星条旗を背にしたレイチェル安藤さんがニッコリ微笑む姿と番組名が入ったデザイン。プリント工法によるカラフルな仕上げです。「缶バッチよりオシャレでカワイイし、誰にでも喜んでいただける」と、オリジナルピンズの製作を企画され、当社の実績や豊富なアイテム、高品質なサンプルなどがご依頼の決め手となりました。最初はシンプルなものを目指されたようですが、関係者から色々な要望があり、限られたスペースに納めるのにご苦労されたとか。しかし、その甲斐あって完成品は社内外でとても評判が良く、前回製作したキーホルダーよりも露出度があって宣伝効果が高かったということです。また、ご担当者様には、「いろいろご提案いただき、とても感謝しております。社内の検討会でも説明しやすく助かりました。今後は携帯ストラップ等も検討中です」と意欲的なコメントをいただきました。

ところで気になるレイチェル安藤さんという女性。その正体は謎が多いが、青森テレビには安藤あや菜さんというレイチェルに激似のアナウンサーが存在するとのこと。「いいでば!英語塾」は土曜の12:54〜3分間という短時間ながら、日常会話を英語と津軽弁に訳して学ぶというユニークな構成が人気の教養番組で、この人はさしずめヒロインというところ。「レイチェルPINS」が効果を発揮し、DVDの売れ行きに貢献できたら最高だびょん!
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記