ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.358 ピンクリボンバッジ

【会社・団体名】ガスライト

No.358 ピンクリボンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0207026
0807-A07東京都

水準の高さを表現するための「本格派」という言葉がありますが、そう呼ばれるためのハードルは非常に高く、選ばれし者だけに与えられる一流ブランドの称号とも言えるものでしょう。今回ピンズファクトリーがお届けするのは、正真正銘の「本格派バー」ガスライト様からご用命をいただいた、社会貢献にも大変に深い関わりを持つオーダーメイドのピンバッジです。

ガスライト様は霞ヶ関・銀座・四谷に店舗を構え、シットリ落ち着いた店内には外の世界と違う空気が流れ、お酒だけでなく独特のムードと大人の気分が楽しめます。そんなお店のカウンターには本物のシェーカーをアレンジした募金箱が置かれ、募金に協力してくださった方への謝礼として渡されるのが、写真の「ピンクリボンバッジ」というオリジナルアイテム。このバッジ製作のきっかけは、お店のご関係者が乳がんで他界されたことでした。完成作品は大きさ19mm、ピンクのリボンに小さな銀のシェーカーをあしらったデザインで、ご担当者様の思いやぬくもりがほんのり伝わってくるような仕上げとなりました。

ガスライト様では2007年の春以来、このバッジを通じて乳がんの早期発見・治療を啓発するピンクリボン活動を支援されています。乳がんは発見が早ければ多くの場合は治癒可能な病気ですが、その犠牲者は残念ながら増加傾向にあり、厚生労働省が発表した2005年の統計によれば、交通事故死の6,871人に対して乳がんによる死亡は10,721人。この深刻な数字の裏側には、乳がんについての知識の不足と検査受診率の低さが隠れています。ガスライト様ではエックス線を使った検診用機器の「マンモグラフィー」を医療機関に寄付するために、お客様の善意で集まった募金を役立てていらっしゃいます。

過去にカクテルコンペ日本一を3人も誕生させているお店には、バリエーション豊富なカクテルが取り揃えられ、乳がん撲滅を願って生まれた「ピンクリボン」というオリジナルカクテルも味わえます。おいしいカクテルと至福の時を求めて訪れるたくさんの方に、乳がん撲滅を心から願うメッセージ入りの「ピンクリボンバッジ」が届くことを心より願っております。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

スタッフブログ

JAMESの日記