ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.382 鎌ケ谷総合病院BLS認定章

【会社・団体名】医療法人社団木下会 鎌ケ谷総合病院

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.382 鎌ケ谷総合病院BLS認定章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0508048
0810-A11千葉県

オリジナルグッズを作る際に、モチーフとして使われることの多いシンボルマーク。当社が承ったオーダーメイドアイテムの中にも、色々なシンボルを取り入れたものがあります。ご覧の「鎌ケ谷総合病院BLS認定章」は、千葉県鎌ケ谷市の医療法人社団木下会 鎌ケ谷総合病院救急部様よりご依頼をいただいたものです。このデザインのベースとなっているのは世界基準とも言えるマーク、救急医療の象徴として有名な「スターオブライフ」というもので、ピンズファクトリーの実例紹介でも何度か登場していますので、ご存知の方も多いでしょう。

昨年9月に開院した鎌ケ谷総合病院様は救急医療に特化し、新設1年で5,000台もの救急車を収容しています。そして、病院で仕事をする上で一次救命処置を行えることは必須と考えられています。緊急事態に「大丈夫ですか?」と自信を持って声をかけることができる第一歩の取り組みとして、救急部では地元の消防本部の協力を得て「BLS(Basic Life Support=一次救命処置)」の講習を実施しています。事務職員から医師まで隔てることなく受講生を募り、実践に則したコースを行い、写真の作品は受講された方に配布する目的で製作されました。

大きさ26mmの真っ白な四角い仕様に、不滅の命や知恵を意味する「アスクレピオスの杖」を中央に配置した「スターオブライフ」が入り、その横に静脈を意味する青で「KAMAGAYA」と「GENERAL HOSPITAL」、動脈を意味する赤で「BLS」の文字が並んだ作品は、生命を意味する3つの色が絶妙なバランスを奏でる仕上げとなっています。ピンズ作成にあたっては、情報量の多さ、様々な医療関係のピンズを手掛けている業績と見かける製品の出来栄えの良さが当社にご用命を下さった理由だそうで、完成品に対しては「期待通り、それ以上の品質で満足しております」と、嬉しい評価をいただくことができました。

一刻を争う救急医療の現場で「大丈夫ですか?」から始まる「BLS」。この大切な命のバトンを次へとつなぐためのトップランナーを病院全体で支えています。また、「生命だけは平等だ」という基本理念の下、そのゴールへと向けて立ち止まることなく走り続けていらっしゃいます。この「鎌ケ谷総合病院BLS認定章」が、講習を受けられる方々にとっての励みとなってくれることを、当社も心より期待しております。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記