ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.392 千葉県メディカルラリー記念

【会社・団体名】北総救命会(HEMSAPS)

No.392 千葉県メディカルラリー記念

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキニッケル
サイズ25mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0708068
0811-A10千葉県

「メディカルラリー」とは、その名の通り、仮想の救急現場において救命活動の想定訓練競技を行なう大会。救急隊員、消防隊員、救助隊員、医師、看護師等が普段から行なっている、状況評価・観察・処置・重症度緊急度判定を競技し合い、このラリーに参加したり見学したりすることによって、状況評価や観察力を養い、消防職員間の意思疎通を深めると同時に、医療関係者との相互関係を構築していくことを目的としています。

メディカルラリーが今後の救急救命現場の活動に大きく役立つと考え、開催に力を入れていらっしゃるのが、この度、「千葉県メディカルラリー記念」ピンバッジを製作された北総救命会(HEMSAPS)様。発足されたのは平成12年6月。救急医療に関する研究及び知識と技術の向上を図り、現場で実践できる教育の研鑽と実務の場とすることを目的に活動されている自己研鑽組織です。

第1回の千葉県メディカルラリーが開催されたのは平成20年9月17、18日の2日間。開催場所はサンライズ九十九里で、8チーム・40名が選手として参加し、約100名のスタッフが協力されました。これを記念して作られたピンバッジは、シルバーと黄色をベースとして、救急医療のシンボルマークであるスターオブライフを中心に、救急活動に関連する資器材をイメージしてトリアージタッグ、バックボード、心電図をデザインに入れました。

今回、ピンズファクトリーにご依頼を頂いたのは、以前、当社でピンズを製作されたお客様からのご紹介によるもの。バッジを手にされた方は、救急の研修会等に参加される時に名札に着けていらっしゃるそうですが、みなさんの評判は上々とのこと。「期待通りの仕上がりで、製作工程でも非常にレスポンスが良く、発注までのストレスがなかったのがよかったです」とご担当者様から感想を頂いております。

次回のメディカルラリーは10〜12チームが参加予定とのことで、今後ますます規模を拡大していかれることでしょう。「また違うデザインのバッジを発注する予定です」とのお話も頂いておりますので、これからも活動のお手伝いをさせて頂ければ大変光栄です。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記