ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.398 グランドアカデミーピンバッチ

【会社・団体名】エンジェビティ株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.398 グランドアカデミーピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ20mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0308102
0812-A04千葉県

IT化が進んだ現代社会においては情報伝達の手段も色々ですが、どんなに技術が発達しても超えられないのが「口コミ」の力。人が発する肉声の前には、さすがの先端テクノロジーも少々分が悪く、見方を変えれば「口コミ」というのは、それほど大きな信頼性や説得力を備えたシンプルかつパワフルなコミュニケーション方法と言えるのです。

この度ピンズファクトリーが承ったのは、その「口コミ」をフルに駆使して活躍される、販売員さんのための「グランドアカデミーピンバッチ」というオリジナルアイテム。ご依頼主は千葉県千葉市のオペレーションセンターを中心に、様々な植物やミネラルを使った化粧品やサプリメントの販売事業を展開されるエンジェビティ株式会社様です。当社では以前にも褒章用のピンズをご用命いただいており、その実績が評価されてのご依頼でした。

前回のバッチでは植物をモチーフに「En Gevity」の社名が入り、ラインストーンの付いた上品なメッキ仕上げに加え、刻印された星の数で装着する人のランクを示していましたが、今回のものは成績優秀者への「特別賞」という役どころ。製作上では「デザインの細かい部分などの調整が難しかった」とのことですが、円形ベース中央部の白・緑・紺で表現された植物の葉と、それを囲む「GRAND ACADEMY AWARD」の文字で構成されたオーダーメイド作品は、エンジェビティ様の社風そのままの爽やかな仕様となりました。

完成品は年に1回のペースで優秀な方をパーティーに招待し、その席上で手渡されているそうですが、文字通り「特別」な意味を持ったピンズは評判が高く、周囲にも付けている人のタイトルが分かるので良い刺激になっているのだとか。現在15,000人ほどいらっしゃる販売員さんは人と会われるときに必ずバッチを付けられているということで、作品は皆さんの活動をバックアップする強力なツールとなってくれそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記