ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.441 表彰用ピンバッチ

【会社・団体名】株式会社リビック

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.441 表彰用ピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ24mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0808324
0906-A07富山県

王冠、月桂樹、華やかなリボン。デザインの中にさまざまなモチーフを品良く盛り込んだオリジナル・ピンバッチを製作されたのは、北陸・関東地方を中心に、LPガス、石油、ガス機器、住宅設備機器販売、各種関連工事等を手掛ける株式会社リビック様。社内販売キャンペーンの成績優秀者へ授与する「表彰アイテム」としてオリジナル・デザインのピンバッチを製作されました。

キャンペーンの実施は年に数回。表彰アイテムとしてピンバッチを選ばれた理由は、「制服につけることで、社内的にも社外的にも良いPRとなるため。また、ピンバッチを身につけた表彰者を“マイスター”と呼ぶことで、社員に誇りを持って仕事に取り組んでもらいたいから」と担当者様。「PR効果」と「ステイタス・シンボル」という2つの重要な役割を担っているだけに、デザインに気を配られたようで、そのあたりのお話も伺いました。

「デザインを考える際に念頭に置いたのは、営業マンの勲章、目標となるもので、さらに、『集めたい』と思えるものであること。色合いにもこだわりました。ステイタスを表すものではありますが、堅苦しいイメージにはしたくありませんでした。また、身につけるのは大半が男性の営業マンですが、私たちの仕事は奥様方を相手にする場合が多いので、女性であるデザイン担当者の感性を尊重しました。その結果、重すぎず、“爽やかでフットワークの軽い”そんなイメージを表現できたと思います。ピンズファクトリーのクライアントパートナーさんにもいろいろとアドバイスを頂きました。顔が見えないため不安な部分もありましたが、最初にいただいたサンプルのおかげでわかりやすく、対応にもとても慣れていらっしゃったため、安心してお願いすることができました」。

仕上がりに関しては、「予想以上に立派に仕上がった。今後、様々なキャンペーンでピンバッチを表彰アイテムとして利用していきたい」というご感想を頂きました。営業担当の方々に完成した作品を披露したところ、「手に入れたい」「何個も集めたい」といった声が上がったそうで、「このピンバッチを勲章として仕事に励んで欲しい」という期待どおりの効果を発揮してくれそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記