ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.478 Mr.スマイジーストラップ

【会社・団体名】中川 幸司

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.478 Mr.スマイジーストラップ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケルorブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0409075
0911-A02埼玉県県

ご自身が開設されている個人ブログのPRと読者プレゼントを兼ねてユニークなオリジナルグッズをご注文くださった中川幸司様。自らのお仕事を「独立系研究職」と称して精力的に活動し、学術的立場と消費者目線という対極の観点で世界の業界と企業経営について分析した「中川コージの業界トレンド観察」は、専門用語や難しい論理を排除した明快なコンテンツ構成が大勢のファンから支持されています。

当社が承ったオーダーメイドアイテムは中川様のトレードマークでもあるメガネフレームをかたどったもので、左右非対称な四角と楕円のメガネにローズピンクやダークグリーン、そしてブルーグレーなどの落ち着いた色使いがとってもクールな「Mr.スマイジーストラップ」。名称の「スマイジー」は中川様をイメージしたデザインにちなみ、「Smiley(笑顔の)」と「kozi」を組み合わせてネーミングされたのだとか。

中川様がこのアイテムを選ばれたのは、「いつも身につけて持っていられるものだから」。実例紹介NO.249でNPO法人のピンズ製作を当社にご依頼いただいたことがきっかけで、今回は個人的に使えるプレミアムグッズの誕生となりました。出来上がったのはメガネの下部に色味の異なる黄色を配し、ニッケルメッキとブラックニッケルメッキで仕上げた一般用2種、そして素材の純銀に皮膜の硬いロジウムメッキが施され、プラチナやホワイトゴールドに匹敵する輝きを持つ高品質なシルバー仕様の3種類です。

完成品はお会いした方にプレゼントされることが多いそうですが、こだわり抜いた作品の評判については「細かい箇所も適切に表現されていて、差し上げた方に喜ばれていると思います。名刺と一緒に渡すので、インパクトがありイメージに残っているようです」と、大変ご満足そうなお声が聞けました。ブログの内容はビジネス寄りで、ユーザーは社会人が中心とのことですが「kozi.jp」のURLが入ったスペシャルグッズは狙い通りの効果に加え、サイトのブランド化に向けても大きな威力を発揮しています。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
中川 幸司 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記