ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.023 カエルのアクセサリー

【会社・団体名】かえる屋ケロリン堂

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.023 カエルのアクセサリー

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ金メッキ
サイズ14mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0605-B05

ピンズファクトリーの得意分野、オリジナルキャラクターグッズをご紹介します。
ご依頼主はかえる屋ケロリン堂様。東京の下町は谷中に店舗を構え、雑貨を中心に販売しているちょっとレトロ調なムードが漂う、例えて言えば駄菓子屋さんみたいなお店です。
そしてその主役の座をキープしているキャラクターが、かえるのケロン君。このケロン君を中心に、ピンズファクトリーとかえる屋ケロリン堂様がコラボレートして製作された作品が「カエルのアクセサリー」です。
写真は堂々の1番人気、財布に入れて金運のご利益を招く、小判を持った「銭ケロン」で、仕様は金色と緑色の2色展開。‘和紙の包み紙+説明書き’という小さなのし袋タイプの包装もユニークで、ちょっとしたプレゼントにもいいと評判です。

アクセサリーには、このケロン君の他にも色々なキャラクターが揃っています。価格もお手頃なので、コレクションしてみるのも中々楽しいでしょう。
購買層は20〜30代の人が中心だそうで、男女別で見てみるとほぼ半々。男性が一人でお店に入って来て、買い求めて行くこともあるように、その人気は性別などに関係なく、皆さん気に入って大切にしてくれているとのお話です。銭ケロンを財布の中に入れておいたら、本当に臨時収入があったと喜んで報告に来てくれたお客さんもいたというエピソードもあったとか。

キャラクターのデザインをされているのはみうら雅秋さん。かわいらしさと和のテイストがミックスされた、何とも言えない素朴な感じで、独特の雰囲気を持っています。そしてもう一人、作品のプロモーションと店舗運営で活躍するのが、美人敏腕プロデューサー(!)のともさんです。このお二人が織り成すホノボノとした世界は、下町谷中という場所にもピッタリ。

かえる屋ケロリン堂様、場所は東京メトロ千代田線「千駄木」またはJR「日暮里」が最寄駅です。この界隈は休みともなれば散策で賑わう地域なので、お散歩がてら出かけてみましょう。
アナタのお財布にも「銭ケロン」1コ、入れれば金運が上がるかも!?

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記