ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.506 NASC オリジナルピンバッチ

【会社・団体名】NASC SAND WORKS PROJECT

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.506 NASC オリジナルピンバッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ金orニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0509131
1004-A01長野県

JAFの公認団体「長野オートスポーツクラブ」様が産声を上げたのは、時代がまだ昭和だった1980年の千曲市雨宮。発足されるとすぐに関東ラリーシリーズやジムカーナシリーズを主催・運営し、その7年後には同じJAF公認のオフロードクラブである「NASC SAND WORKS」を統合。名称も「Nagano Auto Sports Club」の頭文字を取って「NACS SAND WORKS PROJECT」に改め、クラシックカーレース、ラリー、オフロードレースなど様々なモータースポーツイベントを企画運営されています。

これまではイベントの企画・運営・委託といった事業内容の性質上、あまり表舞台に立つことのない「縁の下の力持ち」でしたが、今後は積極的なPRも大切と考えて製作されたのが写真の「NASC オリジナルピンバッチ」。用途は、エントラントサービスとイベント表彰で、ピンズを選ばれたのは「経年によって生じる仕上げや品質の変化がなく、どこにでも装着できてスペースをとらないから」。作業工程の解り易さや丁寧な対応が当社にご依頼を下さった理由でした。

作品のデザインは、企業としての飛躍を表す2本の弓形を背に「NASC」のロゴや「SAND WORKS PROJECT」の文字が入り、2009年度ラリー優勝者用の金メッキ仕様と、スタッフや入賞者に渡すシックなニッケルメッキの2種類。オーダーメイド専門メーカーの技術をフル稼働し、ステッカーのデザインを忠実に再現しながらもグレードアップされたピンバッチは、ご担当者様にも「かなりきれいな仕上がり」と、ご満足いただくことができました。

異なるタイプが揃ったバッチは関係者の方々から大評判で、前もってホームページで告知されていたことも良いPRになったとのこと。クラブ員30名でスタートした「NACS SAND WORKS PROJECT」様も、今では地元の長野をはじめ東京・埼玉、そしてアメリカにもスタッフを持つ組織へと成長を遂げています。上を目指して進む思いが刻み込まれたアイテムは、日本モータースポーツ界を牽引する皆さんの勲章になりました。

(ピンズファクトリー談)
関連サイト:
NASC SAND WORKS PROJECT >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記