ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.551 勤続表彰バッジ

【会社・団体名】医療法人社団涓泉会 山王リハビリ・クリニック

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.551 勤続表彰バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキ金orニッケル   orアンティークコパー
サイズ19mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0810065
1009-A06東京都

真面目にコツコツ勤めてきた仕事に対する真摯な姿勢と、職場が迎えたメモリアルシーンを記念して、歩んだ年月を優れた品質と華麗な仕上げが包む「勤続表彰バッジ」は、東京都大田区の医療法人社団涓泉会 山王リハビリ・クリニック様が、スタッフの方々に贈るオリジナルのアニバーサリーグッズ。永続性を意味する∞と完全性を意味する○を組み合わせた医療法人社団涓泉会(けんせんかい)のシンボルマークを中央に配置して、統一仕様で製作されたオーダーメイド作品は、勤続5年・10年・15年の差別化を図るため、縁を彩るメッキ色もそれぞれ銅・銀・金の3タイプが揃って誕生しました。

リハビリテーション専門クリニックとして開院されて15周年の山王リハビリ・クリニック様がバッジを作ろうと思われたきっかけは、8月22日に開催された「山王リハビリ サンクス フェスタ」という記念行事。医療法人社団涓泉会としての10周年を祝福するイベントでは、理事長をはじめとして院長・ステーションスタッフの方々が、涓泉会山王リハビリグループの「スロトレプログラム」について内容や効果などを紹介し、日本における筋肉研究分野の権威でもあり、多くの著書を発表されている石井先生の講演も行われました。

ピンバッジを選ばれたのは、「記念品として思い出に残ると思ったから」。豊富な実績と様々なデザインを参考にできたことが、当社にご依頼を下さった決め手だそうで、オリジナルバッジは職員の勤続年数表彰と記念品の二役を担います。完成に至る過程では、デザインだけでは完成イメージが掴みにくかったとのことですが、実際に製作したサンプルをご覧になったことで「非常に安心して注文できました」と、細やかな対応にお褒めの言葉をいただきました。また、白いバックとマークの緑が織り成すコントラストも鮮やかなピンズには、「想像以上に完成度が高く、高級感がありました。出来上がりに大変満足です」と嬉しそうなご様子です。

このようなアイテムを授与される機会があるということは、スタッフの定着率が高いことを表す何よりの証拠。これからも「勤続表彰バッジ」がたくさんの人に手渡されると良いですね。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記