ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.597 くまモンバッチ&ストラップ

【会社・団体名】株式会社松本企画

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.597 くまモンバッチ&ストラップ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキブラックニッケル
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0510255
1105-A02熊本県

旅行先などでお土産を買う時に、迷ってしまった経験はありませんか?散々あれこれ悩んだ末に選んだ品物が、結局無難なものだったなんてことはよく聞く話。ところが、熊本県にはそれを一発クリアしてくれる、とびきりのお薦めアイテムがあるんです。城下町の様子が再現された歴史施設の「桜の小路」を始め、書店や空港など県内のあちこちで販売されている「くまモンバッチ&ストラップ」こそが、お土産選びで苦労する人たちを片端から笑顔にしているオリジナルグッズ。絶大な人気の秘密は、デザインのモチーフになっているマスコットの「くまモン」というキャラクターでした。

とぼけた表情の「くまモン」は、熊本県庁新幹線元年戦略推進室が展開する「くまもとサプライズキャンペーン」でも活躍し、現在は県のイメージキャラクターを務める公務員。名前の由来は「熊本者→くまもともん→くまモン」ということだそうで、名刺には「県知事とタレントで熊本県宣伝部長のスザンヌが1番のお友だち」なんて書いてあります。ご依頼主である熊本市の株式会社松本企画様は、お土産品の企画・卸・小売から店舗設計図面の作成まで、地元でトータルに事業を運営される総合企業。ピンバッチを製作したかったというストレートなご理由と、ギフトショーがきっかけで当社にご用命を下さいました。

やんちゃで好奇心旺盛な愛嬌者のキャラクターをモデルにした、ご当地仕様のオーダーメイド作品はバッチとチャームの2バージョンで、ストラップタイプは早くも完売して既に追加製作のご連絡をいただいています。完成品は細部まで忠実に仕上げられた品質の高さと「くまモン」の知名度による相乗効果で、年齢や性別に関係なく大評判となり、熊本県の色々な魅力を多くの人々に伝えるという大切な役割を確実に果たしてくれているようです。熊本土産を扱うお店でニッコリと微笑んでいる人がいたら、その手には「くまモンバッチ&ストラップ」が握られているかも知れません。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記