ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.606 One’s Hands Project

【会社・団体名】株式会社ネーヴェ

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.606 One’s Hands Project

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色特色
メッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0511034
1106-A06東京都

私たちにとって忘れることの出来ない日となった平成23年3月11日。東日本一帯を襲った大地震は想像を絶する被害をもたらしました。しかし、各国のメディアがこぞって報じたように日本人の結束と絆は素晴らしく、震災直後から被災された方々の目は復興を見つめます。それに呼応して全国各地からは支援の声が上がり、当社にも震災の復興に関わるオリジナルアイテムの製作が、渋谷区神宮前の株式会社ネーヴェ様(www.neve.jp)からご依頼されました。

当社が承った作品は「One’s Hands Project」というオーダーメイドグッズで、プロの方が手がけられたデザインは、モチーフの日の丸に雪の結晶をあしらい、プロジェクト名を重ねたチャリティー仕様。被災地や被災された方々への支援をしていく上で、とても重要な役割を果たしてくれるのがこのピンバッチです。ピンズファクトリーにご用命下さったきっかけは、ご友人からのご紹介ということでした。

「One’s Hands プロジェクト」はスキーヤーやスノーボーダーなど、雪を愛する人たちとスノースポーツ関連企業による震災復興活動で、その目的は言うまでもなく東日本の自立と活性化。日本の国旗をイメージした赤と白で鮮やかに仕上げられ、ステンレスの品質を生かした銀色に輝く縁が全体を際立たせる完成品は、口コミや展示会場などで販売されて非常に評判が良く、購入された人は皆さん装着して下さっているとのこと。

ピンバッチの売り上げは全額が義援金に充てられるそうで、震災復興のお役に立てたことは当社にとっても大きな喜びとなり、「とても対応が早く、親切でした」と、嬉しいお言葉をいただくことも出来ました。多くの人の目にとまる優れた視認性や、広い範囲で期待できる訴求効果の高さは、ピンバッチの持つ優れたメリット。ガッチリとスクラムを組んだ皆さんの強い気持ちが沢山の人に伝わって、被災地の一日も早い復興が実現されると良いですね。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記