ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.614 鉄鋼会館創立50周年ピンバッジ

【会社・団体名】株式会社鉄鋼会館

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.614 鉄鋼会館創立50周年ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0211024
1108-A04東京都

たどった歴史や軌跡などの「過去」が刻まれる記念アイテムには、そこから先へと続く「未来」を見据えた願いや希望も託されるもの。数え切れないほどのメモリアルシーンを詰め込んで形にした作品は、関係者の想いを映し出す永遠に色あせない写真と言っても良いでしょう。お客様の大切なメッセージをオーダーメイドの優れた技術で唯一無二の製品に仕上げるピンズファクトリー、今回の製作実例は昭和36年の設立から今年がちょうど50年、東京都中央区の株式会社鉄鋼会館様より承った「鉄鋼会館創立50周年ピンバッジ」をご紹介します。

鉄鋼の製造・流通に関わる企業が業態を越えて一体となり、壮大なプロジェクトとして建設された会館の竣工は1966年。会社設立から5年後に完成した「鉄の象徴」は、3,000トンもの鋼材を使用した業界協調の場で、最新の工法を駆使した建物の内部には業界の各種団体が入居しており、7・8階が会議室で9階はレストランになっています。シック&ゴージャスなナスコン色のピンバッチは創立50周年と開業45周年に際し、職員と委託業者の方々が装着して心を1つにするオリジナルグッズ。ご担当者様が以前からプライベートで記念品をご用命下さっていたことが、当社にお声をかけていただくきっかけとなりました。

ご担当の方が手掛けられたというデザインは、鋼材を表す形に「IRON STEAL」の「I」と「S」、そして新たなスタートとさらなる飛躍を願い、羽をあしらった「50th」のロゴが配置された記念品らしい仕様。文字を彩るニッケルメッキの銀色が品質の高さを示す完成品は「スッキリしていて良い感じ」と評判も上々だとか。予定されていた披露パーティは震災の影響で中止になったものの、レストラン中心のイベントは東北支援を目的にリセット。創業当時からのロゴマークが輝くバッジは8月より館内サービススタッフが着用し、皆さんの意志統一のシンボルとして大きな意義をもつ存在となりそうです。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記