ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.649 卒業記念バッジ

【会社・団体名】水戸第一高等学校34組

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.649 卒業記念バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 0811186
1202-A03茨城県

毎年2月に梅まつりが開かれる茨城県の名所偕楽園にもほど近い、水戸駅より徒歩10分の水戸城址に校舎を構える水戸第一高等学校は、明治11年(1878)の創立より、134年の歴史を有する伝統校。「至誠一貫」と「堅忍力行」を校是(校訓)に、校風は生徒の自主性を重んじ、のびのびとして自由。授業を主体とした学習活動に併せ、「学苑祭」と「歩く会」の二大行事に、委員会活動や部活動などの教科外活動も活発です。

今回ご紹介する「卒業記念バッジ」は、3月の卒業式を目前に控えた水戸第一高等学校34組様が、クラスの卒業記念として製作なさった、担任の先生と生徒さんたちの思いがギュッとつまった特別なバッジ。担任の先生が、かつて勤務されていた県の自然博物館のピンバッジがお客様に大変好評だったことから、今回の卒業記念品にバッジを選び、「(当社)HPの内容が具体的であり、またサンプルを見ての検討が可能だった」ことを理由に、当社に製作のご依頼をくださいました。

時間が限られていたこともあり、バッジの基本的なデザインは先生が担当。配色はクラスの皆さんで熟考の末「エネルギッシュで目立つ色」として、赤・青・黄色・緑を選び、「2011」、「34」、「Victory is ours.」の文字は英語が得意な男子生徒さん、文字の大きさや配置はデザインの得意な女子生徒さんが担当された合作です。そうした34組様全員の思いは、カットアウトが美しく、金属線に力のあるスタンププレス工法のバッジに結晶し、受験シーズン突入前の12月に「(受験を)クラスが一つのチームとなって乗り切る為のシンボル」として、生徒さんたち全員に配られました。

生徒さんたちは早速手にしたバッジを、学生らしく筆入れやバッグに付け、想像とは異なるバッジの重厚感が印象的だったとか。「以降、クラスの一体感が増したような気がします」との嬉しいコメントが先生から届きました。このバッジが、春にはそれぞれの道に進まれる皆さんの新たな一歩もそっと後押ししてくれるといいですね。

(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記