ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.046 Good Job賞ピンズ

【会社・団体名】インビトロジェン株式会社

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.046 Good Job賞ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝+レーザープリント
メッキニッケル
サイズ20mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0605-B03

学校や法人内研究所等の研究機関に向けて最先端の技術を真っ先に提供し、お客様の研究を促進することを使命とする私たちにとって、個々の社員の意識向上とチームワークは必要不可欠なもの。組織力をどう高めていくかということを考えた時、「個々人の能力ももちろん大切だが、チームワークがものをいう」ということで、チーム力を高めていくためのコミュニケーションツールとして、ピンズを製作することになりました。
このピンズは、四半期と年間で「もっとも感謝された人」と「もっと気づきの多かった人」に『Good Job賞』として進呈しています。この賞は、お客様や同僚から感謝された人を社内イントラネット上で投票し、四半期ごとに10人、年間トータルで10人を選び、表彰しています。

ピンズファクトリーにお願いすることにしたのは、価格、サンプルのデザイン、質感が大変よかったからです。2004年に最初に製作した時は、社内で絵の上手い人に頼んでデザインを考えてもらいました。それが「よかと君」ピンズです。「よかと」とは、福岡の人がよく口にする「よかよか」という言葉からきています。「『ありがとう』や『良いね』という言葉を方言で言うとどうなるんだろう?」という話で盛り上がり、当時の社長が福岡出身だったこともあってこのネーミングとなりました。仕上がりについては、本当に感激しました!手書きのデザインがこんなにきれいに、そして原形とまったく同じに出来上がるとは!社内の評判も上々でした。受賞した社員はスーツに付けて営業活動を行っています。

2006年度は、やはり社員のデザインによるストラップとパスクリップを製作しました。こちらも手書きの温かさ、素朴さがそのまま活かされていて、仕上がりに満足しています。いろいろなツールを試してみたくて今回はこの2種類を作りましたが、反応を見ながら、社員が「身に付けたい」と思うものを今後も検討していきたいと思っています。

また、今後はデザインを社内コンペで決めることも検討中で、これによってデザインした社員をクローズアップしたり、社員同士のコミュニケーションを深めることにも役立つと考えています。

(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記