ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.047 ザ・バレ・コン ピンズ

【会社・団体名】ザ・バレ・コン事務局

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.047 ザ・バレ・コン ピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色ソフトエナメル
メッキ
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0704-B01

「ザ・バレ・コン」は、9〜29歳までの若い方々を対象としたクラシックバレエのコンクールです。年3回、全国3都市で開催し、それぞれ開催地にちなんで「ザ・バレ・コン仙台」「ザ・バレ・コン名古屋」「ザ・バレ・コン福岡」というコンクール名がついております。

2005年の「バレコン仙台」開催より、ピンズファクトリーさんにお願いして、コンクール参加者への記念品として「ザ・バレ・コン ピンズ」を製作しておりますが、2007年度のバレコン仙台で、もう7回目の依頼になります。デザインは、コンクールのロゴを使っているためベースは同じで、「開催年」「開催回数」「地名」の文字部分と背景色を変えています。文字を変えただけでは見た目の印象にさほど違いはないのですが、背景の色を変えると全体の印象がガラリと変わりますね。台座の色とマッチするよう、毎年のテーマカラーを決めるのに苦労しつつ、趣きの違ったピンズが出来上がって喜んでおります。

以前は缶バッチを製作していたのですが、ピンバッチの方がデザイン的に幅を持たせることができて、オシャレに仕上がると思い変更しました。実際、「ザ・バレ・コン ピンズ」は、「立体感があってゴージャス感も出ている」と初回から大好評だったため、いつの間にかシリーズ化しています。最初に完成品を手にした時は、細い線や細かい模様までシャープに表現されていて、正直、びっくりしたほど。その後もピンズファクトリーさんにお願いすることになったのは、技術がしっかりしていたこともありますが、とても親切に対応していただいたのも理由のひとつです。最初、ピンズについて何も分らなかった時、分りやすい資料と見本をすぐに送ってくださり、親切に相談に乗っていただきました。その時の印象から信頼できると感じ、ずっとお付き合いさせていただいております。

「ザ・バレ・コン」は、若い方々を対象に、優れた才能を発掘し育成していくという目的があります。2007年度からは、いよいよ「ザ・バレ・コン東京」もスタートします。バレエを志す方の良い目標となり、クラシックバレエの発展に貢献できるよう、「ザ・バレ・コン」はこれからも進化していきます!
(お客さま談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記