ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.067 キャンプ・インストラクター指導者章

【会社・団体名】社団法人日本キャンプ協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)製作実例 No.067 キャンプ・インストラクター指導者章

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法スタンププレス
着色合成七宝 4c
メッキニッケルメッキ
サイズ22mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。


0604-A05

日本キャンプ協会は「キャンプをみんなのものに」「キャンプをみんなの手で」という願いの下に、全国各地の青少年関連団体や野外活動研究者、教育者等によって創立された団体で、「人と人」「人と自然」との関わり方について取り組み、数多くのキャンプ指導者を養成してきました。また、各都道府県に支部協会を開設し、地域に密着した独創性のあるキャンプを展開・支援することにも努めています。

現在力を入れているのは「人づくり」としてのキャンプの普及です。 総合的な自然体験活動「キャンプ」を支援するために、指導者を育成するのも日本キャンプ協会の大切な任務です。自分で楽しむだけとは違い、参加者の命を預かる大切な責任がある指導者「キャンプ・インストラクター」や「キャンプ・ディレクター」を、講習会や実技などを通じて育成しています。

今回製作したピンズは、そのカリキュラムを終了し、組織キャンプの指導者として認定された方に付けていただく指導者章になります。

以前にも安全ピンタイプのものを作ったことがありますが、本体が本七宝でやや重く、着脱に手間がかかったために、ほとんどの方が洋服ではなく帽子やネームプレートに付けているようでした。

そこで使用の機会を広げるためにも、新たにサイズを最小限にしたピンバッジを製作したところ、新しいピンズは「気軽に洋服にも付けられるようになった」と好評です。以前よりコストも削減できたうえに、窓口の方がとても丁寧で、製作がスムーズに進んだのも嬉しいことでした。

ピンズのデザインは「太陽」「川」「木」を表し、以前より使用している当協会のマークです。これまでも北米やアジアなど、ピンズを国際交流の場で交換していましたが、これからもピンズを使ってキャンプの普及や振興、海外との交流に努めていきたいと思っています。

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

スタッフブログ

JAMESの日記