ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

干支ピンズ

干支ピンズ

干支ピンズとは

年賀状の絵柄や「私は丑年」「来年は何年?」といったやり取りの中にも見られるように、私たちの暮らしの中に深く根付いている「干支」ですが、もともとは古代の中国やアジアなどの地域において、主に日、月、年や時間、また角度、物事の順序などを示すのに考え出され、用いられたものなのだそうです。PINS FACTORYでは、十二支をモチーフにしたピンズを2012年よりその年の干支に沿って毎年製作しており、お世話になったお客様への年始のご挨拶状などに添えてお贈りしております。

新年のご挨拶状として

letter

ピンズファクトリー特製 干支ピンズ

(※ピンズの画像クリックで拡大画像が表示されます。)

辰ピンズ

【2012年製作:辰年ピンズ】

ピンズは、縁起の良い馬蹄形に龍脈を描き、龍穴にラインストーンを置いたもので、細部まで彫刻した龍には迫力があります。多くの皆様に幸運をもたらし、邪気がはねのけられるよう祈りを込めて、丁寧にデザインさせていただきました。幸運をもたらすシンボルの蹄鉄に、十二支の「辰(龍)」をあしらいました。辰には「振(ふるう、ととのう)」の意味があり、草木の形が整った状態を表すとされています。

巳ピンズ

【2013年製作:巳年ピンズ】

日本文化の起源である縄文土器の由来となっている縄の紋様の他に、神の使いや生命力の象徴として「蛇」も土器に描かれ、当時の日本人が自然への畏怖や敬意を表していたことを感じることができます。2013年のピンズファクトリー特製干支ピンズは、そうした縄文土器(みずがめ)を基本としています。取っ手の内郭は日本の東北地方の地形。対の蛇の間には麻の花、上部には麻の葉。日本では、麻は古来から神事に使用される特別な植物で成長が著しく早く、東北地方の一日も早い復興を祈念したデザインです。そして縄文土器の中央部には、2013年の十二支であり、生命力の象徴でもある「蛇」を配し、吉兆を願う2013年のピンズファクトリー特製干支ピンズといたしました。

午ピンズ

【2014年製作:午年ピンズ】

ピンズファクトリーで干支ピンズの作成を始めて3 年目となる年、60 年に一度しかない1 年を象徴する干支のピンズデザインなので、手に取ってくださる方への幸運を祈念して作成いたしました。2014 年の干支は甲午です。陰陽五行説では甲は木で午は火ですので、木は燃え火を生み出す、順送りの‘相生’ になります。干支ピンズ【甲午】は、甲の中心に活気溢れる跳ね馬を配することで、周囲を活かすことで自身が活かされ、飛躍の年になるようデザインいたしました。

未ピンズ

【2015年製作:未年ピンズ】

羊は草木の乏しい乾燥地でも生き抜けるほど非常に抵抗力が強く、種が蒔かれた土を適度な力で踏むことでしっかりと種が植えつけられて肥沃な牧草地になることから、羊の蹄は「黄金の蹄」と言われているそうです。乙未(きのとひつじ)の“乙”には抵抗があっても屈せず、弾力的に雄々しい様を意味するとのこと。“未”は上の短い「一」と「木」から成り立ち「一」は木の上層。つまり枝葉の繁栄・繁茂を表しています。こうした抵抗力と繁栄を願って2015年の乙未ピンズを製作いたしました。

申ピンズ

【2016年製作:申年ピンズ】

2016年の干支は“丙申(ひのえさる)”です。「丙」は「火の兄(え)」の意、「申」は「伸」に通じてまっすぐに進んで行く意が含まれているようです。ピンズのデザインの外輪に当たる部分で“火”を表しました。また、日本人には馴染み深い三猿の「見ざる」が目隠しの手を自ら降ろすほど、火で照らされた見通しの明るい世の中を知恵者として勇気をもって行動したい。そのようなコンセプトで製作いたしました。

酉ピンズ

【2017年製作:酉年ピンズ】  

2017年の干支は“丁酉(ひのととり)”です。「丁(ひのと)」は釘の象徴で安定を意味しており、また「火の弟(ひのと)」とも表されます。一方、「酉(とり)」は、果実が極限まで成熟した状態を含んでいるとか。完熟(醗酵)した果実とはすなわち酒を意味し、その酒を入れる壺の形の象形だと言われています。にわとりは、時を告げる鳥。2017年が美味しく成熟した時となるよう祈念する意味を込めて製作いたしました。



干支ピンズ バリエーションのご紹介

弊社はピンズ製作の専門メーカーですが、ピンズ製作の技術を応用し、同デザインにてさまざまなバリエーション製品をおつくりしております。

a

b

c

d

≫ピンズの各種装着品について、詳しくはこちらをご覧ください。

パッケージ展開例

下記のようなパッケージ展開が可能です。ご使用になるシーンに合わせ、最適なパッケージをご提案させていただきます。

a

b

c

c

≫パッケージについて、詳しくはこちらをご覧ください。

※ご紹介したそれぞれの製品のサイズ・形状は予算、納期によってご選択が可能です。お気軽に営業までお問い合わせください。

▲ページの先頭へ