ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズレター 2009 夏

ピンズレター2009 夏について 吉沢深雪さん一問一答

2009 夏のピンズレター写真
― 今回はねことイルカのシーバレーということで、海の運動会のような躍動感のあるイラストですが、どこかの海や思い出の風景をイメージされて描かれたりしていますか?
(吉沢深雪さん、以下省略)海は大好きなので、いろいろな海が思い浮かぶのですが、今回のイラストは、昨年久しぶりに訪れた沖縄の海をなんとなくイメージしているかもしれません。ちょっと潜るだけで魚がたくさん泳いでいて、本当にきれいな海でした。奥に描いたイルカたちは品川プリンスホテルのエプソンアクアスタジアムのラッキーくんを思い出して描きました。 ラッキーくんは、飛んでも高いボールまで届かないので、飛べないイルカで有名です。 でも、挑戦するラッキーくんの姿にはちょっと感動してしまいます。「飛べなくてもいい!飛ぶことに意義があるんだ!」と勝手に解釈して、ときどきラッキーくんを思い出して、自分を励ましています。
2009 夏のピンズレター写真

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法 スタンププレス
着色 ソフトエナメル
メッキ
サイズ 29mm
2009 夏のピンズレター写真
― イラストのテーマや、描くのに苦心されたことがあれば教えてください。
あまり苦心はしたことがありません。描きたいテーマはたくさんあって、描くのがおいついていかないほうが困ったことかも。
― 吉沢さんは本業のイラストのほかに、本の執筆や手作り雑貨など日常の生活の中でもいろいろなものを作り出されていますが創作の一番の楽しさは何でしょうか?
手作り雑貨については、完成したときより、作っているときのほうが楽しいのです。作ったものはなんだかもったいなくて、あまり使っていないかも。とくに一番楽しいのは、ミシンをかけているとき。いろいろな事を忘れて集中してしまいます。でも、あまり難しい縫い方などは逆にストレスになってしまうので、直線だけとか、まわりを縫うだけとか、とっても簡単なソーイングをするようにしています。
― また、初めてオーダーメイドでピンズを作る方へのアドバイスなどありましたら・・・
少ない色数でも、ピンズになると結構存在感があるので、色の数をあまり使うことができないときでも、大胆な色指定で作ってみては。それから、「こんなピンズがあったら自分でつけて外を歩いてみたい」というような気持ちでデザインをするのが一番かもしれません。
― 「吉沢さんのイラストにいつも癒されてます」とおっしゃるファンの方へのメッセージをお願いします。
ありがとうございます。 わたし自身はそういってくださるみなさまの声を聞いて癒されます。 当たり前のことばですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

~「ピンズレター 2009 夏」 に寄せられたお客様からのコメントをご紹介します~

■水しぶき、涼しそうな海の風、にぎやかな歓声で世の中の不景気もとんでいきそうな素晴らしいピンズレターで元気をもらいまいた。

■毎回、吉沢さんの愉快でキュートな猫達のイラスト楽しみにしています。プライベートな外出には、ジャケットに付けますが大変好評です。

■オリジナルピンをいつもペンケースに付けて持ち歩いています。”ラッキーくん”の話しポロリとしました。このピンを見るたび思い出すと思います。

■夏のうきうき、わくわくする気分が伝わってきました。夏が苦手な私ですが、イルカたち、ネコたちの楽しそうなカードを見て夏ってこんなに楽しいものだったんだ……と思い出しました。あったかな気分までいただいてありがとうございました。

■吉沢さんのステキなイラストはいつも見る度にほっこりとし、ピンズファンの私としては、たまらないコレクションとなっています。

■大好きな吉沢深雪さんデザインのピンズとカードとてもうれしいです。”ラッキーくん”のお話も感動しました。この小さなピンズが余計に輝いて見えます。

■いつも可愛らしく素敵ですね。そのデザインを活かしたピンズは、多くの人に微笑みをもたらしてくれると思います。

■猫がとても大好きなので、今回はどんなピンだろうといつも封を開けるのが楽しみです。今まで頂いたピンは部屋に並べて飾っています。

■可愛く賢いイルカが大好きです。同じく大好きなネコとのコラボが楽しいLETTERでした。毎回季節感とユーモアにあふれたLETTERに感心しています。

■10代、20代の頃、Gジャンにピンズをつけて楽しみました。普段から貴金属はしないのですが、最近はシンプルなピンズをアクセントに楽しんでます。

■小笠原父島に長く居た私には、これまでのピンズの中でも特に気に入りました。海の中で出会ったイルカ、カメ、クジラ等々がとても懐かしく思い出されます。

■清涼感の伝わってくるイラストと愛らしいピンズ、イルカとネコの取り合わせに思わず顔がほころんでしまいました。毎年とても楽しみにしています。

■イルカ君のバッチを愛用しております。よく人に尋ねられその度に説明とPRをしております。

■御社から季節ごとに頂くピンズは、私にとって季節の移り変わりを知るアイテムとなっております。毎日机の上に置いて眺めているうちに、吉沢さんのネコのファンになりました。

■今年はジメジメとした天気が続き、やっと暑くなったと思ったらもう秋の気配…そんな中、吉沢さんのピンズが夏の気分を感じさせてくれました。今年もかわいいデザインでした。

▲ページの先頭へ