ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズレター 2011夏

ピンズレター2011夏について 吉沢深雪さん一問一答

2011 夏のピンズレター写真
― 今回のイラストは、色鮮やかな新緑に自然の生命力や生き物との調和が感じられ、こんな場所で暮らせたら・・・と思うような作品ですね。どのような想いを込めて描かれたのでしょうか?
ほんとうに今回の東北地方太平洋沖地震では、大変な被害をもたらしました。地震、津波、そして原発事故……。不安はたくさんありますが、種をまかなければ、芽がでないように、なにかをはじめなければ、なにもはじまらないと思うのです。きっと今は種をまくとき、みんなで協力して水やりをして育てていけば、きっと芽がでて、大きく育つのでは……?そんな思いをこめて描かせていただきました。そのイメージは、メアリー・マイシオ著『チェルノブイリの森』(NHK出版)です。メアリー氏によると、放射能汚染地域にもかかわらず、チェルノブイリの森は緑豊かで、野生動物にいたっては、絶滅危惧種までもが多数見られ、ヨーロッパ最大の自然の聖域として息を吹き返しているそうです

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質
工法 スタンププレス
着色 ソフトエナメル
メッキ ニッケル
サイズ 26mm
2011 夏のピンズレター写真
― 吉沢さんのイラストには花などの植物もよく描かれていますが、実際にガーデニングなどはされますか?
ガーデニングというほどやっていません。しいてあげれば、だれでも育てられる、アイビーとローズマリーをベランダで育てていることくらい。少しででも緑に触れると癒されます。
―吉沢さんは今年の2月にアメーバブログにお引っ越しをして新たな交流を楽しまれているようですね。新天地(?)の感想をお聞かせ下さい。
ブログというものは、2005年からはじめたので、5年半、そちらのブログにお世話になりました。まさか引っ越しすることになるとは思わず、友人の紹介からはじめたアメーバブログだったのですが、こちらのブログはSNS的な役割があり、まさに新しい交流が日々生まれているブログです。とくに楽しいのがアメーバピグ。アニメのようなバーチャルの自分キャラが、ピグの世界のパリやNY、京都などをおでかけし、遠くの人とも出会うことができます。このおかげで、ふだん個展でなかなか会えない遠方のファンの人に会って話すことができたり、CatChipsクラブというファンクラブをやったり……。もう、子どもの頃に考えていた未来は来ちゃったんだな~と実感しています。(笑)
― その他、近況について何かありましたらお願いします。
今回、東北地方太平洋沖地震の被災者にたいしてなにかできることはないかと考え、とてもアナログなわたしですが、はじめて電子書籍に挑戦しました。電子書籍絵本『ねこになったペンギン』は、チャリティ作品として参加し、集まった義援金は、パブーの運営会社である株式会社paperboy&co.より、日本赤十字社に寄付されています。よかったらご協力お願いします。
http://p.booklog.jp/users/catchips








~「ピンズレター 2011年 夏」 に寄せられたお客様からのコメントをご紹介します~

■豊かで穏やかな自然が感じられるデザインがうれしいです。

■吉沢さんの猫ピンズは、いつも楽しみですが、今回は特に細かい動作が今までにない様な・・・?気がして、新しさを感じました。これからも楽しみにしています。

■今年も暑さをしのぐと言うより、考えさせられるピンズで参りました。とてもいいデザインですね。すばらしいです。感謝。

■天に向かってのびる緑に希望を感じました。

■今夏もかわいらしいピンズありがとうございます。吉沢深雪さんの、チェルノブイリの自然についてのお話が心に響きました。本当にあきらめてはいけないですよね。

■生きていくことの苦難や喜びや意義を、自然は色々な形で教えてくれますね。

■ネコちゃんにひかれてましたが、とうとう5月からアメリカンショートを家族の一員に!動物や自然の大切さをいつも感じるピンズレターをありがとうございます。

■このピンをきっかけに、一人でも多くの方が、被災地の緑の復活や、身の回りの緑を大切に思う気持ちが、芽生えるきっかけになればいいですね。毎回素敵な企画ありがとうございます。

■いつも楽しみにして、心待ちにしている暑中見舞い、今回もありがとうございます。添えられてるメッセージを読ませていただき、改めて多くのことを考えてみました。ピンズを見るたびに、今の気持ちを思い出したいです。

■吉沢さんの癒されるイラストで、毎回、暑中見舞い等、楽しみにさせて頂いております。復興の為ピンで何か会社一体となって考えていけるものはないかと思案しております。

■いつもの夏のレターとは、絵の雰囲気が違っていましたね。この絵は、震災に対する思いを表してたものだったのですね。一人一人が、この気持ちを持ち続けることが必要だと思います。今まで頂いたレターと一緒に大切にします。

■いつもありがとうございます。今回のカード&ピン、少しばかり心動かされました。素敵な絵ですね。

■今回のピンバッジのデザインの内容に感動しました。自然というものは本当に凄いパワーを持っています。自然と触れ合う事で、心の底まで生きる力をもらう事が出来ます。

■今年は大変な震災が起きてしまいましたが、吉沢さんの絵のように自然も街も人も元気になれる日が必ず来ることを信じて、私も今、自分が出来ることをやっていきたいと思います。

■毎回、心暖まる優しいイラストのカードとピン送って頂きありがとうございます。今回のイラストもこのシーズンにぴたりの心和むものでした。次回も期待しています。

■いつも、父からピンズレターをプレゼントされます。もうどれくらい、宝箱に集まったでしょうか。 とても優しい気持ちになります。吉沢深雪さんのお話感動しました。

■素敵なピンズありがとうございます。動物大好き人間、自然の中に生きる私たち、動物はみんなで助けあい、絆を作っていく世界すばらしい事ですね。

▲ページの先頭へ