【ピンズファクトリー】オリジナル ピンバッチ作成 同窓会・OB会ピンズ特集
  ピンズファクトリーのロゴ  
 

同窓会・OB会ピンズ特集

 

思い出を自由にデザインできて、“目に見える形”で
つながりを感じることができるピンズが、同窓会・OB会などで注目されています。

同窓会・OB会ピンズの製作実例をご紹介

思い出を“形”にして共有する。
思い出のシンボルをメンバー全員で身につけると、あの頃の意識を共有することが出来て雰囲気が盛り上がります。かといって、当時の学制服を着て行くわけにはいきません。共通の思い出をデザインしたピンズなら、性別問わず、さりげなく身に付けることができます。そしてメンバー全員がオリジナルのピンズ身に付けた時、思い出とともに全員が一つになります。
新たな思い出として、もう一度、つながる。
あるときは共通項として思い出を込めて、あるときは未来のつながりを期したメッセージを込めて。そのピンズは仲間の証となるでしょう。同窓会・OB会に参加できなかった方にもお渡しすれば、さらにつながりの輪は広がります。会が終わった後もそのピンズが新たな思い出となって、もう一度全員つながることができるでしょう。
“色々な意味で基点にしよう…”
東京都立駒場高等学校第57期生 様東京都立駒場高等学校第57期生 様
「ORIGO ピンバッチ」

■込められた思いと用途
同窓会のオリジナル名になっている「ORIGO」はラテン語で「始まり」や「起源」の意味があり、この同窓会を色々な意味で基点にしようという思いが込められているのだそうです。デザインは赤いベースに太陽をかたどった「ORIGO」の文字や校舎を表現している直線が組み合わさった、シャープで洗練された仕上げとなっています。

■ポイント
裏面には卒業期と会の発足年を示す「572008」の数字が刻印され、プレミアムな雰囲気の漂う作品となりました。完成品は同窓会の当日、参加者180人に手渡され、受け取った方からも評判が良かったそうです。



“同期会不参加の方にも…”
久留雅雄 様
久留雅雄 様
「同期会ハットピン」

■込められた思いと用途
中央に「原」の文字が入った校章をモチーフに、着色なしの金メッキ仕上げで高品質なオーダーメイドの仕様が加わったアイテムは、参加者の皆さんからも一様に喜ばれたとのこと。参加者ご本人だけでなく、兄弟・姉妹の方の分として複数購入されたり、不参加で記念品のみご希望されたりする方もおいでになったそうです。

■ポイント
残念ながら数年前に近隣校と合併されて、現在は学校がありませんが、同期の方たちとはメールと電話で連携をとられているのだとか。同期生の皆さんが還暦を迎える年の記念品も兼ねているそうです。



“年に1〜2回は集まって思い出話に花を咲かせる…”
田代小学校6年5組クラス会 様 田代小学校6年5組クラス会 様
「クラス会バッジ」

■込められた思いと用途
白をベースに金色で入った「田代」の文字と、それを両側から稲穂が抱える校章がモチーフ。下部には百合の花に挟まれて、グリーンのバックに「田代小6年5組 昭和28年卒業」という文字が同じく金色に輝く仕様です。

■ポイント
出席された人にはその席上で、欠席の人には郵送やお近くの方から手渡しで贈られた「クラス会バッジ」は、受け取ったメンバーの皆さんも大変喜ばれたとのことです.。今でも年に1〜2回は集まって思い出話に花を咲かせるそうですが、バッジはそのときに雰囲気を盛り上げ、楽しいメンバー意識を共有するための印として使用されているそうです。



“会費納入へのお礼の気持ちをこめた記念品として…”
東京経済大学体育会アメリカンフットボール部OB会「十一人会」東京経済大学体育会アメリカンフットボール部OB会「十一人会」 様
「FALCONSピンズ」

■込められた思いと用途
約400名のOB会メンバーに配布するために製作され、会費納入へのお礼の気持ちをこめた記念品として使用されました。同会ではOB(元選手)の方がデザインしたロゴで、キャップやポロシャツ、ニットキャップ、Tシャツ、DVDなど色々なグッズを製作されていましたが、それらとは違うものを探してピンズというアイテムを選ばれたのだそうです。

■ポイント
ヘルメットのステッカーを始め、あらゆるオリジナルアイテムに使われているロゴを忠実に再現した「FALCONSピンズ」、品質や仕上げにも期待通り大変満足と大きな評価をいただきました。



“部の公式バッジとして…”
甲南大学体育会サッカー部OB会 様 甲南大学体育会サッカー部OB会様
「クラブピンバッジ」

■込められた思いと用途
ユニフォームのサイドラインとパンツに使われているネイビーブルーのベーシックなスクエア仕様に「KONAN」、「UNIV.SOCCER」、「SINCE 1951 IN KOBE」の文字が、こちらもユニフォームのメインカラーである「甲南イエロー」をイメージする鮮やかなゴールドで仕上げられたピンバッジ。紺のブレザーにグレーのズボン、クラブタイといういでたちで正装される際に全員揃って付けられるそうです。

■ポイント
OBの親睦と現役の支援を目的とするOB会様にご用命いただいた「クラブピンバッジ」をOB会様では今後も甲南大学体育会サッカー部の公式バッジとして使っていかれるそうです。



“共通のフラッグを掲げて活動していきたい…”
ヤマハ野球部OB会 様
ヤマハ野球部OB会 様
「会員章」

■込められた思いと用途
50周年記念としてOB会の会員章を製作し、会員の皆様に無料配布されました。デザインにはOB会発足時、全会員から募集し、28作品の中から決定したロゴマークを使用。天・地・海を意味する3色の旗は都市対抗優勝3回を表し、優勝旗軸にはヤマハらしくオンサ(音叉)マークがデザインされています。

■ポイント
「野球の世界で同じ釜の飯を食った仲間同士、地元の野球ファンとともに共通のフラッグを掲げて活動していきたい」という想いを込めて、フラッグ(活動の証)として会員章を製作されたのです。オリジナルの会員章は、「最初は照れくさそうでしたが、現在は皆さん胸を張って着用されています」と、全員参加型の会の活動に役立っているようです。



〜もっとピンズ実例が見たい!〜
500以上の豊富なピンズ製作実例はこちら

〜ピンズの実物が見たい!〜
ピンズのサンプルを無料で差し上げます。こちらをどうぞ。

〜ピンズの製作費用を知りたい!〜
お見積もりはこちらから。具体的なイメージになっていなくても大丈夫です。

PINS FACTORYとは…
PINS FACTORYはオリジナルデザインのPINS(ピンズ、ピンバッジ)を受注製作する専門メーカーです。
1990年の設立から今日まで、PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作において多くのお客様のご支持と応援のおかげで、抜群の実績と経験(企画、デザイン、仕様設計、コンサルティング)を積み重ねてきております。

私たちの仕事は完成品の販売ではありません。
オリジナルデザインの作品をお客様とのコラボレーションで生み出すことが、私たちの使命の中核です。

PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作は1デザイン(作品)ごとにお客様との共同作業(コラボレーション)が存在します。 だから、どんなに経験を重ねても日々新しい勉強と発見、そして楽しみがあるのです。
このことを深く感謝しつつ、さらなる技術(企画・デザイン・製作・・・)の積み重ねをしてお客様との共同作業(コラボレーション)の品質を高める努力をしていくつもりです。
今後もピンズ製作を通じて、お客様の大切なメッセージを的確に伝えるお手伝いをしていきたいと考えております。

PINS FACTORYのPINS(ピンズ、ピンバッジ)に対する考え
私たちのミッションは、“We give small things the power to tell your best message.”です。つまり、“小さなもの(ピンズ)”にお客様の発する大切なメッセージを“語る力”を与えることです。
最も重要なのは、もちろん受け取った人にすぐにメッセージを想起していただくことです。しかし、5年、10年、20年・・・と経って、ピンズを手にする人が、「あの日」「あの場面」を、手のひらにある“小さなもの”を渡した人の笑顔と共に思い出す時こそ、私たちの仕事のうちの“いくばくか”が完了する時だとも思うのです。 このミッションのために、ピンズファクトリーは存在しているのです。

ページ閉じる スペーサー ピンズファクトリートップページへ
オリジナル ピンバッチ作成 / 同窓会・OB会ピンズ特集