【ピンズファクトリー】オリジナル ピンバッチ作成 資格章、認定章ピンズ特集
ピンズファクトリーのロゴ

資格章、認定章ピンズ特集

日々変化し続けるビジネス業界においては、国家資格などの公的な資格・検定だけでなく、
組織内の制度の一環として独自の資格・検定制度を設ける団体・組織が増えています。

資格章、認定章ピンズの製作実例をご紹介

資格章、認定章はスタッフのスキルアップだけにとどまりません。組織・団体から“正式に認められている感”から、資格を取得された本人のモチベーションの向上、さらには職務に対する責任感やお客様へのサービスの向上にもつながります。また“正式に認められている感”を目に見えるカタチにすることで、周囲の関心が高まる効果も期待出来ます。資格を取得されていないスタッフには目標の証としてモチベーションにつながり、外部の方には資格や認定そのものの認知度が高くなることが考えられます。資格章、認定章のピンズ自体の効果もさることながら、式典などの授与の演出や舞台を工夫することで期待の発揚を促すことが出来ます。PINS FACTORYが承った資格章、認定章の製作実例をご紹介いたします。
“資格を取るごとにランクアップしていきバッジの色やデザインが変わる”

ピンズファクトリーに製作をご依頼頂いたのは、スタッフの方々のやる気向上のためのライセンスバッジ5種類と、新サービス開始に伴い刷新された社員用・社員以外用の2種類の社章の、計7種類のバッジです。スタッフの方が通常時、作業時に身に着けるライセンスバッジは、「店長」→「プレミア」→「リーダー」→「ラグジュアリーサービス」→「ホワイトグローブサービス」の順に、資格を取るごとにランクアップしていきバッジの色やデザインが変わっていきます。

ミニメイド・サービス株式会社 様
「ホワイトグローブサービスライセンスバッジ&社章」 詳細はこちら≫


ミニメイド・サービス株式会社 様
「ホワイトグローブサービスライセンスバッジ&社章
ミニメイド・サービス株式会社 様
「ホワイトグローブサービスライセンスバッジ&社章」


“受賞者全員が誇りを感じてバッジを胸に”
日本NP協議会 様「NP(診療看護師)試験合格バッチ」三共生興ファッションサービス株式会社 様
「キャリアアップ認定ピンバッジ」 

全国に約700名いらっしゃる女性販売スタッフのうち、第1回の試験に合格し、ピンバッジを受け取られた方は5名。「価値ある一流商品を最高のサービスでお届けする」をモットーに、受賞者全員が誇りを感じてバッジを胸に着けているとのことで、他の方々も近々実施される第2回の試験に向けて猛勉強さ れているそうです。



“NP教育の推進や標準化、制度化に向け…”
日本NP協議会 様「NP(診療看護師)試験合格バッチ」日本NP協議会 様
「NP(診療看護師)試験合格バッチ」

大分県立看護科学大学内に事務局を置く同協議会では、大学院におけるNP教育の推進や標準化、制度化に向けた取り組みを活発に行われており、バッチはNP認定試験の合格者に与えられ、周囲へのアピールやモチベーション維持のツールとして使われます。



“「さらに上のランクの取得をめざしたい」などの声が届く…”
公益社団法人 立川法人会 様「租税教室『講師・アシスタント』マイスターバッジ」公益社団法人 立川法人会 様
「租税教室『講師・アシスタント』マイスターバッジ」

このほど誕生した「租税教室「講師・アシスタント」マイスターバッジ」は、立川法人会様が社会貢献活動の一環で取組んでいる、小学6年生を対象に実施される出前授業の租税教室で、功績を挙げたボランティア講師とアシスタントの方々が身に着けるものです。そして、バッジ製作の目的はモチベーションとスキルの向上です。



“試験に合格して調停人となった方々の意識向上のため”
兵庫県行政書士会 行政書士ADRセンター兵庫様	「調停人章」兵庫県行政書士会 行政書士ADRセンター兵庫 様「調停人章」

厳しいプロセスを経て試験に合格して調停人となった方々の意識向上や、民間ADR(裁判外紛争処理)機関としての事業を利用者にアピールするため、ピンズファクトリーに託されたオーダーメイドアイテムは、デザインが行政書士の徽章を連想させる「調停人章」。



“メッキの色でランクを示す認定グッズ”
インフィニア株式会社 様「メイド検定ピンズ」インフィニア株式会社 様
「メイド検定ピンズ」

「@ほぉ〜むカフェ」の店名に因み、アットマークとハートを組み合わせ、2つのタイプが揃った完成品は、金メッキ+ラインストーンが1級用。銀色に光るニッケルメッキは2級の合格者用です。普通のバッジには無い「本物の品質」を持つピンズに、メイドさんたちも「かわいい」「欲しい」と敏感に反応し、モチベーションアップにもつながっているそうです。



“社内のオリジナルのライセンス認定者へに”
株式会社ジーエスアイ 様「グリーフサポートバディ認定者バッチ」株式会社ジーエスアイ 様
「グリーフサポートバディ認定者バッチ」

作品名になっている「グリーフサポートバディ」は、社内に設けられているオリジナルのライセンス。大切な人との死別などで悲しむ方々をサポートするスタッフに与えられる資格で、取得するためにはセミナーの受講と試験にパスすることが必須となります。



“実力に対する評価の証として”
株式会社イチタン 様「認定バッチ」株式会社イチタン 様「認定バッチ」

検査員の実力に対する評価の証として製作されたのは「認定バッチ」というオリジナルの認定徽章です。エンブレムをかたどった当社のサンプルをベースに、3つのタイプが誕生したオーダーメイド作品は、筆記試験で優秀な成績を収めて実技への推薦を受け、合格した人が「責任と自信」を込めた会社の思いを理解し、さらには自負してもらうために授与されます。



“特級・1級・2級の差別化を図る”
株式会社オンデーズ 様「オンニコピンズ」株式会社オンデーズ 様
「オンニコピンズ」

着色を施さず金・銀・銅のメッキのみで仕上げられた完成品は、それぞれ特級・1級・2級の差別化を図るための使い分けが可能な仕様。ピンズを受け取ることが出来るのは社内資格の「眼鏡加工検査技師」に合格した方々で、自社のシンボルを19mmサイズに縮めたオーダーメイドアイテムは、厳しい試験にパスされた皆さんからの評判も上々とのこと。



“「どうしたら着けられるのですか?」と尋ねられることもあります”
獨協医科大学病院 口腔ケア委員会 様
          「口腔ケアリンクナース院内認定バッチ」獨協医科大学病院 口腔ケア委員会 様
「口腔ケアリンクナース院内認定バッチ」

啓発の意味も込めて、認定看護師になった方に授与するためにオリジナル・デザインによる「口腔ケアリンクナース院内認定バッチ」を製作されました。スタッフにも、“カワイイ”、“分かりやすい”と評判。さらに、ネームプレートに着けていると、“そのバッチは何ですか?どうしたら着けられるのですか?”と尋ねられることもあります」とのお話です。



“社内資格制度として資格取得者に授与するためのもの”
株式会社ディーフィット 様
「お風呂ソムリエピンバッチ」株式会社ディーフィット 様
「お風呂ソムリエピンバッチ」

製作されたピンバッチは、ディーフィット様の社内資格制度として2009年1月に導入された、「お風呂ソムリエ」(商標登録済)の資格取得者に授与するためのもの。「お風呂ソムリエ」とは、お風呂の歴史的なことから効果的な入浴方法まで、幅広い知識を持ったお風呂のエキスパートのことで、資格試験の合格率は60%、現在は8名の女性が合格されています。



“ドッグ検定に合格された方々に授与される”
一般社団法人日本ペット技能検定協会 様「1級認定バッジ」一般社団法人日本ペット技能検定協会 様
「1級認定バッジ」

このたび製作されたオリジナル・ピンバッジは、同団体様が主催されているドッグ検定に合格された方々に授与される「1級認定バッジ」。受験者様の中には、ブログやホームページなどでドッグ検定合格を報告される方もいらっしゃるため、ブログやホームページ上に認定章画像を貼り付けられるよう、希望者には画像データをお渡ししているそうです。実際のピンバッジは1級合格者にのみ授与されますが、ブログ用画像では1級合格者だけでなく、2級合格者用の認定章画像もあり、2級合格者用は青色、1級合格者用はオレンジ色となっています。



“救命救急医療の技術指導者(看護師)が認定章として”
神戸市立医療センター中央市民病院 様「救命救急医療技術指導者用ピンバッチ」神戸市立医療センター中央市民病院 様
「救命救急医療技術指導者用ピンバッチ」

病院の救命技術に対する意識と技術向上を目的に、救命救急医療の技術指導者(看護師)の方のみが付けられるものとして製作されました。救急認定看護師が各部署の指導者に指導し、その指導者がさらに病院内の全スタッフへ講習会などを通して指導されます。ピンバッチをつけることにより、指導者の方々は認識を新たにもつとともに、周囲の人にも認知されることから、「バッチ着用の意義は大きい」と今回の製作は好評だそうです。



“誇りを持って活躍していただくようにとの目的で”
日本臨床美術協会 様「JCAA認定章」日本臨床美術協会 様「JCAA認定章」

臨床美術のスペシャリストである臨床美術士の方々に、誇りを持って活躍していただくようにとの目的で配布されました。資格の認定が5段階に分かれているため、「C」の文字が1級から5級まで、それぞれ紫・赤・青・グリーン・黄という色違いの仕様で製作されました。



“アーティストとして一定のレベルをクリアしていることの証”
書塾 墨庵 様「墨庵ピンバッジ」書塾 墨庵 様「墨庵ピンバッジ」

このピンバッジは、墨庵様で教師資格試験に合格された方が付けるもの。また、書道のプロとして、そして、アーティストとして一定のレベルをクリアしていることの証でもあります。現在、墨庵バッジを付けられているのは宮田様を含めて3名。先生は作務衣を着用して指導されるそうですが、その作務衣にもバッジを付けていらっしゃるほか、国内外の展覧会に出展される際、現地に行かれるときにも付けられます。



“誇りを持って歯科人間ドックに取り組んでもらうように”
日本歯科人間ドック学会 様
「ドックコーディネーター認定ピンバッジ」 日本歯科人間ドック学会 様
「ドックコーディネーター認定ピンバッジ」

歯科衛生士だけに交付するものですが、歯科医師も欲しがるほどの人気です。今回の目的は、学会認定歯科衛生士が誇りを持って歯科人間ドックに取り組んでもらうように、また、患者さんが注目することによって歯科人間ドックの話題提供のきっかけ作りに役立つようにというものでしたが、期待以上の効果が得られそうです。



“合格者に贈るためのプレミアムアイテム”
彦根商店街連盟 様「彦根城下町検定試験合格バッヂ」彦根商店街連盟 様
「彦根城下町検定試験合格バッヂ」

作品は真っ白な円形仕様のベースに近江彦根藩井伊家の家紋「丸に橘」をモチーフにした図案が入り、周りを「KENTEI・PROOF・HIKONE JYOUKAMACHI」の文字が囲んだデザイン。色の対比が目を引く見事な仕上げのオーダーメイドグッズは、検定合格に相応しい風格を持ったオリジナルの記念品となりました。



“養成研修を修了し、試験にパスした人がトレーナーに認定されます”
富士屋ホテル株式会社 様
「トレーナーバッチ」富士屋ホテル株式会社 様
「トレーナーバッチ」

富士屋ホテル株式会社では、お客様に心からのおもてなしを提供するスタッフの教育を重要視しています。高水準・高品質・高価値のサービスを提供する為、2年間計画で職場のトレーニングを担当する社内トレーナーを70名育成していきます。2日間にわたるトレーナー養成研修を修了し、試験にパスした人がトレーナーに認定されます。それに伴い、このオリジナルのトレーナーバッチを製作致しました。



“「リーダーの印」として”
ヒルトン東京 様「HIGHER-LEADER PINS」 ヒルトン東京 様「HIGHER-LEADER PINS」

「サービスリーダー」というお仕事。接客に関するクオリティを守り、サービスを向上させるためのリーダーで、とても重要な役割を担っていらっしゃいます。この係であることの印として製作されたのが、今回の「HIGHER-LEADER PINS」。「リーダーの印」としてピンズを採用されたのは、「このピンズを着用することで、お客様にもスタッフにも、私たちがサービスに力を入れていることを示すため」。



〜もっとピンズ実例が見たい!〜
500以上の豊富なピンズ製作実例はこちら

〜ピンズの実物が見たい!〜
ピンズのサンプルを無料で差し上げます。こちらをどうぞ。

〜ピンズの製作費用を知りたい!〜
お見積もりはこちらから。具体的なイメージになっていなくても大丈夫です。

PINS FACTORYとは…
PINS FACTORYはオリジナルデザインのPINS(ピンズ、ピンバッジ)を受注製作する専門メーカーです。
1990年の設立から今日まで、PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作において多くのお客様のご支持と応援のおかげで、抜群の実績と経験(企画、デザイン、仕様設計、コンサルティング)を積み重ねてきております。

私たちの仕事は完成品の販売ではありません。
オリジナルデザインの作品をお客様とのコラボレーションで生み出すことが、私たちの使命の中核です。

PINS(ピンズ・ピンバッジ)の製作は1デザイン(作品)ごとにお客様との共同作業(コラボレーション)が存在します。 だから、どんなに経験を重ねても日々新しい勉強と発見、そして楽しみがあるのです。
このことを深く感謝しつつ、さらなる技術(企画・デザイン・製作・・・)の積み重ねをしてお客様との共同作業(コラボレーション)の品質を高める努力をしていくつもりです。
今後もピンズ製作を通じて、お客様の大切なメッセージを的確に伝えるお手伝いをしていきたいと考えております。

PINS FACTORYのPINS(ピンズ、ピンバッジ)に対する考え
私たちのミッションは、“We give small things the power to tell your best message.”です。つまり、“小さなもの(ピンズ)”にお客様の発する大切なメッセージを“語る力”を与えることです。
最も重要なのは、もちろん受け取った人にすぐにメッセージを想起していただくことです。しかし、5年、10年、20年・・・と経って、ピンズを手にする人が、「あの日」「あの場面」を、手のひらにある“小さなもの”を渡した人の笑顔と共に思い出す時こそ、私たちの仕事のうちの“いくばくか”が完了する時だとも思うのです。 このミッションのために、ピンズファクトリーは存在しているのです。

ページ閉じる スペーサー ピンズファクトリートップページへ
オリジナル ピンバッチ作成 / 資格章、認定章ピンズ特集