ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.767 コジュリンくんピンズ

【会社・団体名】東庄町観光協会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.767 コジュリンくんピンズ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

0513137
1309-A03千葉県

イメージキャラクターがピンズになって地元の魅力を広くアピール

白紙状態からモノを生み出す「クリエイティブワーク」では、仕上げの作業行程を「ブラッシュアップ」と呼び、この段階までこぎつければ作品の完成はもう目の前。オーダーメイドアイテムを承るにあたり、当社がお客様からお預かりするデザインも、必ずこのプロセスを通ることになります。千葉県の東庄町観光協会様がご依頼を下さったのは、当社のお送りしたサンプルをご覧になって、ピンズ作りに興味を持たれたのがきっかけでした。

「作って良かった」と絶賛された「コジュリンくんピンズ」は、オリジナルマスコットをモチーフにした販売グッズです。「コジュリン」は利根川沿いの葦原に生息し、白と茶の羽が特徴の非常に珍しい鳥で、スズメより体の小さいホオジロの仲間。2000年の公募で集まった子供たちの絵を厳選し、プロのイラストレーターさんが「ブラッシュアップ」した「コジュリンくん」は、2012年より町のイメージキャラクターを務めています。

カラフルなピンズはキャラクターそのものの認知度アップや、東庄町の良さを広くアピールする大切な役割を担います。製作上で最も懸念されたのは元データにグラデーション表現が含まれていたこと。忠実な再現性に対するこだわりは仕様変更や妥協を潔しとせず、当社との相談でグラデーションに強いオフセットプリント工法を採用。かくして作業が順調に進められた結果、滑らかな階調と優れた品質を併せ持つPRピンズが誕生しました。

出来上がったピンズはイベント会場や観光協会で販売され、協会スタッフも全員で身に着けていらっしゃるとか。「東庄町を知ってもらう良い商品になっていると思う」と、ご担当の方からも嬉しそうなご感想と共に、「大変親身にかつ迅速にご対応いただきありがとうございました」と、心のこもった感謝のコメントが寄せられました。当社と観光協会様のコンビネーションが生んだ傑作は、東庄町の魅力を多くの人々に伝えてくれそうです。
(ピンズファクトリー談)

関連サイト:
東庄町観光協会 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記