ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.775 ゆらの助ピンバッジ

【会社・団体名】由良町商工会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.775 ゆらの助ピンバッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色合成七宝+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0513114
1310-A04和歌山県

町の活性化に貢献するゆるキャラをモチーフにしたピンバッジ


今や自治体のPRになくてはならない存在となっているのが、ゆるキャラです。ご当地の特産品や名勝、伝説などが盛り込まれた風貌は、可愛らしい表情と相まって、そこに暮らす人たちはもちろん、観光などで訪れた人たちからも親しまれています。平成22年、和歌山県日高郡由良町でも、町の活性化と明るく楽しいまちをPRする目的でデザインを一般公募し、町のマスコットキャラクター「ゆらの助」が誕生。現在では各イベントをはじめ、由良町の観光PRに大活躍しています。

鮮やかなコバルトブルーの海と白亜の岩壁の美しさで有名な由良町。その美しさは万葉集にも歌われているほどです。「ゆらの助」は、この由良町の特産ゆら早生ミカンの妖精で、顔はミカンの形になっています。興国寺の天狗伝説にちなんで赤色の着物を着ており、足には高下駄、手には団扇を持っていていかにも天狗風の出で立ちですが、丸い顔が見る人を和ませてくれているのが特徴です。実はこの「ゆらの助」、興国寺の大天狗様に憧れて日々修行のため由良町のミカン畑を飛び回っているとか。好奇心旺盛で子どもが大好き。団扇をパタパタと動かしミカンパワーを送ってみんなに元気を与えているそうです。

今回、当社にご用命いただいた「ゆらの助ピンバッジ」は、職員の方が身に付けるほか、販売もされており、由良町のPRはもちろんですが、町民に大人気のゆるキャラ「ゆらの助」のPRも兼ねています。当社のホームページをご覧になって「安心できた」とおっしゃるご担当者様に出来上がりのご感想を伺ったところ、「顔(ミカン)のオレンジ色を表現するのが難しかったが、大変きれいに仕上がっており満足しています」とのお言葉を頂戴しました。完成した「ゆらの助ピンバッジ」は、小さいボディーながらも沢山の人の目に触れて、町の活性化に貢献してくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

関連サイト:
由良町商工会 >>

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記