ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.781 会員バッチ

【会社・団体名】一般社団法人世界健康医術学会

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.781 会員バッチ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ23mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0213105
1311-A06東京都

新しく発足した学会をPRしてくれる存在感のある「会員バッチ」


「健康であること」。それは世界中の誰もが願っていることですが、健康を維持することは、なかなか大変です。いくらバランスのとれた食事を摂り、適度な運動をして体力をつけ、精神衛生に気を配りながら毎日を過ごしていても、病気に罹ることもあるでしょう。また、年齢を重ねてくると誰かのサポートが必要になる時がくるかもしれません。そんな時に頼りになるのが専門知識のある人や機関です。

一般社団法人世界健康医術学会様は、人間が生きていく上で欠かせない「健康・食・暮らし」を「医療支援」「民間療法支援」「スポーツ医学支援」「栄養・食育指導」「アンチエイジング支援」「介護支援」「文化・芸術」「研究会・勉強会」の8つの分野に分け、さらに各分野のプロフェッショナルが連携することで、一人ひとりが清々しく生きていくための新しい仕組みを構築されておられます。今回は、学会に入会された会員様にお渡しする目的で「会員バッチ」を製作されました。

デザインモチーフは地球と蛇が印象的なロゴを使用されています。同学会様では、世界各国の大学病院や中医薬大学、民間治療院の先生方と連携を行うことで日本の治療医術の向上を図り、若者にその技術を受けついでもらうことを目的としていることから、国際交流の大切さを「地球」で表現し、真ん中にはギリシャ神話に登場する名医、「ヘビ(蛇)=アスクレーピオス」を配置。白色の地球と中央の紺と赤との十字のライン以外は、金メッキの凹凸で仕上げ、少し大きめのサイズで存在感のあるバッチが出来上がりました。

「オリジナルデザイン作製で適切なアドバイスを頂き、いいバッチができたと喜んでいます」とご担当者からお言葉を頂いた今回の「会員バッチ」は、会員の皆様も付けてくださっているとのこと。胸のバッチに目が留まりそこから話が繋がることも多いようで、会員同士の交流を深めるだけでなく、PRの役目もしっかり果たしているようです。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記