ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.788 セクショントレーナー認定バッジ

【会社・団体名】株式会社堂島ビルヂング 雲仙観光ホテル

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.788 セクショントレーナー認定バッジ

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス
着色合成七宝
メッキ
サイズ16mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No.0213155
1312-A02長崎県

スタッフの意識・技術のレベルアップに役立つオリジナル認定バッジ


古くから外国人の避暑地として親しまれていた長崎県雲仙が、日本初の国定公園に指定されたのは昭和9年のこと。翌年、当時どこよりも豪華絢爛で近代設備を兼ね備えたホテルが開業しました。それが今回ご紹介する「雲仙観光ホテル」様で、四季折々の表情を見せる雲仙温泉のほか、伝統の味、温かいホスピタリティが魅力の今年で開業78周年を迎える日本を代表するクラシックホテルです。

お客様に心から寛いでいただくためには、歴史を感じさせる重厚な調度品、優しさと温もりを感じさせる床や柱、ラグジュアリーな空間などのハード面に加え、ソフト面(スタッフのおもてなし)の充実が欠かせません。そこで雲仙観光ホテル様では、時代のニーズをとらえ、これからの接遇のあり方を見据えたスタッフ教育改革をスタート。そのリーダーとなる「セクショントレーナー」に与えられる認定証として、「セクショントレーナー認定バッジ」を製作されました。

完成品は右上の紋章を金メッキの凹凸で、四角い部分はグリーンをベースに文字と縁を金色で仕上げたオーダーメイド仕様。バッジを身に付けられるのは“選ばれたリーダー”であるだけに、スタッフの方も胸を張って装着されており、そのバッジがお客様の目に留まり、「それは何のバッジ?」と、ご質問を頂くこともあるとか。実は今回のバッジ製作は、「お客様により良いおもてなしを提供するためにホテルが教育制度に力を入れていることを知ってもらいたい」という狙いもあり、当初想像されていた以上の効果が得られているそうです。

ご担当者様からは「デザイン力の高さ、フットワークの良さ、個数が少なくても快く引き受けてくれるホスピタリティの高さに信頼を寄せております」と嬉しいお言葉を頂きました。「セクショントレーナー」という新しい目標ができたことでスタッフの皆さんの意識も向上し、これまで以上のおもてなし力でお客様をお迎えされることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記