ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.826 くまモンPINS(熊本県立大学用)

【会社・団体名】公立大学法人熊本県立大学

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.826 くまモンPINS(熊本県立大学用)

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質ステンレス
工法プリント
着色プロセス
メッキメッキなし
サイズ29mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1314038
1408-A02熊本県

地元の「スター」と大学のコンビネーションで生まれたPRピンズ


ピンズを製作する際のモチーフとして優れたものは、目的や用途に応じたアレンジが容易にできるため、デザインや仕上げなどに手を加えることで、ベーシックなスタンダードバージョンだけでなく、趣の異なる「仕様違い」を生み出すことが可能です。公立大学法人熊本県立大学様の「くまモンPINS(熊本県立大学用)」も、そんな王道ともいえる流れの中で誕生したオリジナルのキャンパスグッズ。モチーフは言うまでもなく熊本が生んだ大スター「くまモン」です。ピンズファクトリーのホームページをご覧になって、発注するに足る業者とのご判断をいただいてのご依頼でした。

完成品に与えられたミッションは、同学の広報一般を担うPRツール。要求された任務を明確に捉えた上で起こされた作品のラフデザインは、県立大学としての英知を結集して作成されたものだそうで、大学生のシンボルでもある特徴的な「学者帽」を頭に乗せ、2つの手でシンボルマークをシッカリ握り締めたインテリくまモンに、金色の光を放つリボンが添えられたハイブロウな図案。さらには、英語表記で入った「Prefectural University of Kumamoto」の大学名が、周囲に向けたさり気ないアピールも感じさせる狙い通りのオーダーメイドアイテムとなりました。

名称の「熊本県立大学用」をそのままビジュアル化したようなピンズは、オープンキャンパスの参加者だけでなく教職員の方々にも配布されたそうで、品質の高さや可愛らしい出来栄えが皆さんからも非常に喜ばれているとのこと。「期待していた以上の出来となっていて満足」「親身になって丁寧に対応していただいた」と、ご担当の方も嬉しそうなご感想を聞かせて下さいました。地元の人気キャラクターをカスタマイズすることで大学の魅力を発信し、職員の皆さんの社章としての機能も果たしているハイブリッドなPRピンズは、今後も様々な活躍ぶりを見せてくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

ピンズの誕生とバタフライクラッチの歴史

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記