ピンズ製作のお問い合わせ・ご相談は

ピンズ製作実例:No.869 しまねっこピンクリボンPINS

【会社・団体名】島根乳房診断・技術研究会「チームマンモ」

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ製作実例 No.869 しまねっこピンクリボンPINS

※上記の写真は原寸大ではありません。

ピンズ(ピンバッジ)データ
材質銅合金
工法スタンププレス+プリント
着色ソフトエナメル+特色
メッキブラックニッケル
サイズ26mm

※ピンズ(ピンバッジ)には、さまざまな材質と工法の組み合わせ(仕様)がございます。デザインと材質・工法の組み合わせ等の仕様設計については、ベテランの担当者が的確にコンサルティングしております。

No. 1014160
1503-A01島根県

こだわりのデザインが目を引くピンズは啓発とPRの両方で大活躍


「キャラクター」と名の付くものはアレンジされることも多いですが、その大前提となるのはオリジナルのイメージを損なわないこと。意外にハードなこの条件を並々ならぬこだわりで見事に乗り越えて、人々への乳がん診療に関する啓発と地域PRの両方に貢献しているピンズがあります。島根県のご当地キャラ「しまねっこ」と乳がん撲滅を訴える「ピンクリボン」を、神話の国らしく「天女」の姿になぞらえたのは「しまねっこピンクリボンPINS」。ネット検索で当社を知って製作実例をご覧になり、希望に沿った作品が出来そうとのご判断の下、ご依頼を下さったのは島根乳房診断・技術研究会「チームマンモ」様です。

同会は島根県内で乳腺診療に携わる医師と医療従事者が構成する組織。活動内容は乳がん検診の啓発と診断技術に関する研究です。そんな大切なミッションを2つも担ったピンズのデザインは、スタッフさんのご家族が手掛けられたものだそうで、当社には原型そのままの再現性が託されましたが、オーダーメイド専門メーカーとして培った技術は、抜型を多用することで忠実なアウトラインを表現。ソフトエナメル6色とプリント3色を駆使した完成品は、羽衣に見立てたリボンで一般的なものとの差別化も図られ、視認性の高い仕様に加えて優れた品質も大変好評だそうです。

初めて作ったピンズの出来栄えや期待に対する大きな効果をご覧になって、ご担当者様から届いたのは「相談開始から納品に至るまで、細やかに対応してくれてありがたかった」という感謝のお声。続けて「また近いうちに利用させていただくと思いますので、その節はよろしくお願いします」と、当社にとって何よりの励みとなるコメントもいただくことが出来ました。皆さんの地域を想う気持ちと乳腺診療の研究に注ぐプロとしての使命感が、サイズダウンした地元のマスコットキャラクターに凝縮されたピンズは、可愛らしい姿で大切なメッセージを発信し続けてくれることでしょう。
(ピンズファクトリー談)

▲ページの先頭へ

実例検索
  • イベント情報
  • デザインコンテスト
  • スタッフブログ
  • PINS GIRL
  • お客様の声

PINSの工法を活かしたその他製品

ピンズ関連情報

人材育成の仕組みづくりに使われる「表彰ピンズ」

お客様とピンズファクトリーのコラボレーションの軌跡

周年記念にピンバッジが選ばれる理由とは?

JAMESの日記